MENU
「myhealth」は暮らしと健康に役立つ実用書を刊行する出版社、マイヘルス社が運営しています

myhealth編集部のページ

表示順:
下肢静脈瘤の治療をめぐる悪徳医療機関によるトラブルは以前よりふえています。いちばんおすすめするのは、まず、かかりつけ医に相談することです。お世話になっているかかりつけ医に率直にきいてみてください。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2020-07-07 09:00:00 公開: 2020-07-07 09:00:00
現在、血管内治療で主流なのは、血管内焼灼術で、レーザー治療と高周波治療の2種類があります。また、グルー治療など熱を使わないで血管をふさぐNTNT治療は、下肢静脈瘤の治療を根本から変える画期的な治療と期待されています。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2020-07-06 09:00:00 公開: 2020-07-06 09:00:00
下肢静脈瘤に関する大きな誤解が、「下肢静脈瘤を放置すると血栓ができやすい」というものです。肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)は普通の日常生活を送っている限り、引き起こされることはまずありません。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2020-07-05 09:00:00 公開: 2020-07-05 09:00:00
下肢静脈瘤は、どのような人に起こりやすいのでしょうか。さまざまな要因が考えられますが、立ち仕事をしている人は、下肢静脈瘤の患者さんのなかで圧倒的多数を占めます。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2020-07-04 09:00:00 公開: 2020-07-04 09:00:00
下肢静脈瘤で代表的なのが、大伏在静脈や小伏在静脈の逆流防止弁がこわれて起こる伏在型静脈瘤です。これ以外に側枝型静脈瘤、網目状静脈瘤、クモの巣状静脈瘤、陰部静脈瘤という軽症タイプの下肢静脈瘤もあります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2020-07-03 09:00:00 公開: 2020-07-03 09:00:00
下肢静脈瘤の症状は、見た目だけにとどまりません。さまざまな不快な症状を伴います。代表的な症状としては、足のむくみ(浮腫)、重だるさ、疲れ、こむら返り、痛み、皮膚炎、潰瘍などがあげられます。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2020-07-02 09:00:00 公開: 2020-07-02 09:00:00
血液を心臓に戻す静脈還流というシステムにトラブルが生じると、足の静脈に血液がうっ滞し、老廃物がたまったり、炎症が起こったりして、血管の一部がコブのようにふくらんできます。これが下肢静脈瘤の正体です。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2020-07-01 17:03:03 公開: 2020-07-01 16:30:00
めまいに悩まされ、「原因は不明です」などといわれた経験はありませんか。そうした皆さんは、めまい以外に、首や肩のコリ、頭痛などの症状があるケースが非常に多いのです。【解説】川村秋夫(川村歯科医院院長・日本顎関節症リハビリ研究室主宰)
更新: 2020-04-26 06:30:00 公開: 2020-04-26 06:30:00
「雨が降りそうになると、頭が痛くなりめまいがする」「台風が近づくと、耳鳴りが起こる」といった症状を抱えているかたはいませんか。あなたのその不調は、もしかしたら気圧の変化が影響しているのかもしれません。【解説】佐藤純(愛知医科大学医学部客員教授)
更新: 2020-04-25 06:30:00 公開: 2020-04-25 06:30:00
耳鳴り・めまい・難聴など、耳の不調は天候の変動によって生じることが少なくありません。ビタミンB12は、神経の働きを正常に保ち修復してくれる大切な栄養素。乱れた自律神経のバランスを整えてくれるのです。【解説】佐藤純(愛知医科大学医学部客員教授)
更新: 2020-04-24 06:30:00 公開: 2020-04-24 06:30:00

話題のキーワード

local_offerめまい