MENU
「myhealth」は暮らしと健康に役立つ実用書を刊行する出版社、マイヘルス社が運営しています
めまい

めまい

めまいに関連する記事一覧です。

めまいに関連するキーワード

めまいの記事一覧

表示順:
めまいに悩まされ、「原因は不明です」などといわれた経験はありませんか。そうした皆さんは、めまい以外に、首や肩のコリ、頭痛などの症状があるケースが非常に多いのです。【解説】川村秋夫(川村歯科医院院長・日本顎関節症リハビリ研究室主宰)
更新: 2020-04-26 06:30:00 公開: 2020-04-26 06:30:00
「雨が降りそうになると、頭が痛くなりめまいがする」「台風が近づくと、耳鳴りが起こる」といった症状を抱えているかたはいませんか。あなたのその不調は、もしかしたら気圧の変化が影響しているのかもしれません。【解説】佐藤純(愛知医科大学医学部客員教授)
更新: 2020-04-25 06:30:00 公開: 2020-04-25 06:30:00
耳鳴り・めまい・難聴など、耳の不調は天候の変動によって生じることが少なくありません。ビタミンB12は、神経の働きを正常に保ち修復してくれる大切な栄養素。乱れた自律神経のバランスを整えてくれるのです。【解説】佐藤純(愛知医科大学医学部客員教授)
更新: 2020-04-24 06:30:00 公開: 2020-04-24 06:30:00
耳鳴りやめまい、難聴の患者さんに指導している「寝る前4原則」は、❶ふくらはぎマッサージをする、❷寝る3時間前に夕食を終える、❸コップ1杯の水を飲む、❹ぬるめのお湯で半身浴をする、です。【解説】坂田英明(埼玉医科大学客員教授・川越耳科学クリニック院長)
更新: 2020-04-23 06:30:00 公開: 2020-04-23 06:30:00
耳鳴り・めまい・難聴は「これだけやれば治る」という方法はありませんが、逆にいえば、さまざまなアプローチにより改善が可能ということ。食べ物で耳鳴り・めまい・難聴をよくするという手も、当然、あります。【監修】坂田英明(川越耳科学クリニック院長)
更新: 2020-04-21 06:30:00 公開: 2020-04-21 06:30:00
めまいの大半は大きな心配がいらないものです。しかし、重篤な病気が隠れている危険なめまいもあります。それが危険なめまいなのか、危険でないのか。めまいの現れ方である程度は推し量ることができます。【解説】坂田英明(埼玉医科大学客員教授・川越耳科学クリニック院長)
更新: 2020-04-20 06:30:00 公開: 2020-04-20 06:30:00
片側の耳に障害が起こると、内耳の前庭器の機能に左右差が出てバランスが取れなくなり、めまいが起こります。めまいリハビリを行うことで、小脳が前庭器の障害をカバーできるようになります【解説】新井基洋(横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科部長)
更新: 2020-04-19 06:30:00 公開: 2020-04-19 06:30:00
今回はめまいリハビリの具体的な方法を4種類紹介します。特に慢性ふらつきに有効なリハビリを選びましたが、平衡感覚を鍛えるリハビリですから、どのようなタイプのめまいにも、効果が期待できます。【解説】新井基洋(横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科部長)
更新: 2020-04-18 06:30:00 公開: 2020-04-18 06:30:00
首がこると筋肉の緊張が強くなり、周囲の血管や自律神経を圧迫し刺激します。耳への血流も悪くなり、平衡感覚をつかさどる三半規管が正常に働かなくなり、めまいを引き起こすのでは、と考えています。【解説】入野宏昭(IR健康管理システム入野医院院長 )
更新: 2020-04-16 18:06:15 公開: 2020-04-16 06:30:00
めまいのある患者さん136人に、治療と並行して、首の3点押しを含む、いくつかのマッサージを1日3回続けてもらいました。すると、実践から約1ヵ月で、実に76%の人が効果を実感しているという結果でした。【解説】入野宏昭(IR健康管理システム入野医院院長 )
更新: 2020-04-16 18:07:46 公開: 2020-04-15 06:30:00

話題のキーワード

local_offerめまい