MENU
「myhealth」は暮らしと健康に役立つ実用書を刊行する出版社、マイヘルス社が運営しています

総合ランキング

とにかく痛いこむら返り。医学的には「有痛性筋攣縮」とされています。全身のさまざまな部位で起こる筋肉の持続的な収縮も、こむら返りと呼びます。まずはこむら返りが起こったときに行うべき、緊急対処法をお教えしましょう。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-01 10:16:00 公開: 2021-01-01 10:16:00
ご紹介するリハビリテーション(平衡訓練)は、さまざまな臨床研究で効果が認められているものです。ハビリの効果を得るには、正しく行うことが大切です。やり方を説明する前に、ポイントを確認しましょう。【解説】肥塚泉(聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科教授)
更新: 2020-03-06 18:16:10 公開: 2020-03-06 18:16:10
脊柱管狭窄症とは、背骨の中にある神経の通り道が狭くなっている状態のことをいいます。最も特徴的な症状は「間欠性跛行」、歩いていると足腰に痛みやしびれが出て、しゃがんで休むと症状がやわらぎ、また歩けるようになるという症状です。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-01 06:30:00 公開: 2020-11-01 06:30:00
下肢静脈瘤の症状は、見た目だけにとどまりません。さまざまな不快な症状を伴います。代表的な症状としては、足のむくみ(浮腫)、重だるさ、疲れ、こむら返り、痛み、皮膚炎、潰瘍などがあげられます。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2020-07-27 15:49:54 公開: 2020-07-02 09:00:00
食事療法は内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも症状の緩和につながるでしょう。【解説・監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-03-06 18:14:23 公開: 2020-03-06 18:14:23
血液を心臓に戻す静脈還流というシステムにトラブルが生じると、足の静脈に血液がうっ滞し、老廃物がたまったり、炎症が起こったりして、血管の一部がコブのようにふくらんできます。これが下肢静脈瘤の正体です。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2020-07-01 17:03:03 公開: 2020-07-01 16:30:00
「鼻づまりの原因・発見チャート」をやってみましょう。患者さんのなかには、自分がどんな容態なのか、何がいちばんつらいのか、意識していないかたがけっこう多いのです。自分の状態を知る。それが治癒へとつながっていきます。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-01 06:30:00 公開: 2020-09-01 06:30:00
上咽頭にはリンパ組織があり、たくさんの免疫細胞が待機しています。ここで侵入してきた病原体に応戦するのです。このため、もともと炎症の起こりやすい場所です。その炎症が慢性化した結果、慢性上咽頭炎となり、体に大きな悪影響を及ぼすようになります。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-03 06:30:00 公開: 2020-09-03 06:30:00
めまいを治すには、病気の特徴を理解することが大切です。それがわかると、リハビリテーション(平衡訓練)でめまいが改善するしくみもわかります。めまいを起こす主な病気は4つあります。【解説】肥塚泉(聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科教授)
更新: 2020-03-06 18:16:00 公開: 2020-03-06 18:16:00
耳鳴り・めまい・難聴など、耳の不調は天候の変動によって生じることが少なくありません。ビタミンB12は、神経の働きを正常に保ち修復してくれる大切な栄養素。乱れた自律神経のバランスを整えてくれるのです。【解説】佐藤純(愛知医科大学医学部客員教授)
更新: 2020-04-24 06:30:00 公開: 2020-04-24 06:30:00

話題のキーワード

local_offerめまい