MENU
「myhealth」は暮らしと健康に役立つ実用書を刊行する出版社、マイヘルス社が運営しています
【脊柱管狭窄症の治し方】使い捨てカイロを痛いところに貼って温める

【脊柱管狭窄症の治し方】使い捨てカイロを痛いところに貼って温める

カイロを貼るのは、痛みが出ている部位=体が血液を集めている部位、つまり、細胞がダメージを受けて、血液を欲している部位です。「脊柱管狭窄症」と診断されたかたは、歩いているときに痛みやしびれが出る部位にカイロを貼ります。【解説】坂井学(坂井医院院長)

解説者のプロフィール

坂井学(さかい・まなぶ)
坂井医院院長。1949年鳥取県出身。大阪大学医学部卒業後、大阪府下などの複数の病院で勤務医を経て、1999年に坂井医院(和歌山市)を開設し、現在に至る。坂井医院での診療で延べ15万人以上の患者さんと向き合い、現代医療では治りにくい人の多くを治ゆに導いている。2011年に著書「『体を温める』とすべての痛みが消える」(マキノ出版)を出版して、amazon1位となり、現在もロングセラーを続けている。その卓越した治療法は、健康雑誌として著名な『壮快』『安心』などで掲載される。これまでに招待講演会などを全国各地で100回以上行い、医療に対する根元的な視点を示して強い支持を受けている。

痛みのある場所に「湿布」ではなく「カイロ」を貼ろう

私が提唱する「細胞が元気になる医療」で、痛みが出たらまずやっていただきたいことは、温めることです。

痛みとは治ゆ反応です。ダメージを受けた筋肉の細胞を修復するために、体がそこに炎症を起こして血液を集めているから、痛みが出ているのです。

その治ゆ反応をスムーズに進行させて、細胞をできるだけ早く修復すれば、痛みは消えていきます。そのときに、血液を集める手助けをするのが、「細胞が元気になる医療」です。

具体的な方法としては、温めることが非常に有効です。逆に、痛みが強いときにやってはいけないのが、ダメージを受けた筋肉をさらに無理して使うような運動と、血液循環をへらすことです。これらは、血液を集めて細胞を修復しようとする体の治ゆ反応をじゃましてしまい、治りを遅らせることにつながります。

それでは、具体的な温め方について、説明しましょう。


痛みのある部分を温めるのに、私がお勧めしているのは使い捨てカイロです。ドラッグストアなどで市販されているカイロでかまいません。

衣類の上から貼るタイプのものと、肌に直接貼るタイプのものがあります。どちらを選んでいただいてもけっこうです。皮膚が弱いかたは、衣類の上から貼るタイプのほうがいいかもしれません。

また、よく動かす部位に貼る場合、直接貼るタイプは体の動きでズレてしまうことがあります。そのようなときは、衣類の上から貼るタイプのものを使用するか、直接貼るタイプなら伸縮性のあるネットの包帯などで固定するといいでしょう。

患部を圧迫するきついサポーターなどで固定するのは避けてください。低温やけどを起こしやすくなります。自分の好み、肌の状態、貼る場所、入手のしやすさ、使い勝手などで、自分に合うカイロを選びましょう。


カイロを貼るのは、「痛みが出ている部位」です。痛みのある部位=体が血液を集めている部位。つまり、細胞がダメージを受けて、血液を欲している部位です。

脊柱管狭窄症」と診断されたかたの多くは、歩いているときに痛みやしびれが出て歩けなくなる、間欠性跛行の症状が大きな悩みだと思います。その場合は、歩いているときに痛みやしびれが出る部位にカイロを貼ります。

痛む部位は人それぞれでちがいます。多いのは、お尻や太ももの後ろ側、ふくらはぎです。もちろん腰が痛むかたは、腰にカイロを貼ってください。日によって、痛む部位がちがう場合は、そのときに痛むところに貼ってください。

そのほか、歩いているとき以外でも痛む部位、カイロを貼ると気持ちよかったり、痛みがやわらいだりする部位があれば、どこでも自由に貼っていただいてかまいません。

MRI(磁気共鳴画像)検査などの画像を見せられて、「あなたは脊柱管狭窄症です」と説明されると、どうしても背骨に問題があると思って、そこにカイロを貼ればいいと考えがちです。でも、前記事で述べたように、「かたち」の異常と痛みには、直接の関係はありません。痛みがある部位に、カイロを貼ればいいのです。

「かたち」の異常という先入観にとらわれて、痛みのない部位を温めても問題の解決にはなりません。あくまでも、痛みが出ている部位に、カイロを貼るようにしてください。

痛みのある部位に、切り傷ややけどがある場合、カイロを貼るのはケガが治ってからにしましょう。また、おなかなど皮膚の弱いところは、特に低温やけどに注意してください。直貼りカイロではなく、下着や服の上から貼るほうがいいでしょう。


カイロは、朝起きてから夜寝るまで、1日じゅう貼り続けます。低温やけどを避けるため、夜、寝るときははがして、朝、起きたら新しいカイロを貼るようにしてください。

痛みの範囲が広いときには、数枚ならべて貼ったり、お尻と太ももなど、一度に数ヵ所に貼ったりしても大丈夫です。ただし、枚数がふえると低温やけどの危険性が高くなります。ときどき様子を見ながら、貼る枚数や時間を調整するなど、安全面にはくれぐれも注意して行ってください

夏でも急性期でも温めてOK

夏にカイロを貼ったり、暑がりの人がカイロを貼ったりすると、「熱くて不快なのでは?」と思うかもしれません。しかし、痛みがある場所は、カイロを貼っても「熱い!」と感じたり、不快な汗をかいたりすることは、ほとんどありません。体がそれを欲しているから、拒否反応を起こさないのです。

私がカイロを勧める理由は、寒いからではありません。熱を加えて血液循環をふやし、細胞のダメージを早く修復させたいからです。

ですから、カイロは季節を問わず、年間を通じて貼るといいでしょう。痛みがあって、体が血液循環を高めてほしいと求めているときは、たとえ夏でも、カイロを不快に感じることはありません。

私の勧めで、痛みのあるところにカイロを貼っている患者さんたちは、そのほとんどの人が「痛いところにカイロを貼ると気持ちいい」「夏でも熱さを感じない」といいます。現代は冷房で冷えることも多いので、「むしろ夏こそカイロが手放せない」というかたも多くいます。


痛みの症状が強く出ている急性期も、もちろんカイロを貼ってOKです。「急性期は湿布で冷やす」という先入観は、痛みを「悪いもの」としてとらえ、「早く消さなければ」という誤った発想から生まれています。

そうではなく、「痛みは体のダメージを修復するための治ゆ反応」ととらえれば、湿布で炎症をおさえこむよりも、カイロで温めたほうが修復の手助けになることは、おのずとおわかりでしょう。

実際にやってみると、温めたほうが早く体が楽になることがわかると思います。坂井医院の患者さんたちも、「初めは不安だったけど、温めてみたら湿布よりも早く効果が実感できた」と喜んでいらっしゃるかたが多くいらっしゃいます。


なお、温めて治ゆ反応を手助けするということは、血液循環を高めて炎症を進めさせるということです。その結果、一時的に炎症や痛みが増すことが、まれにあります。がまんできる範囲の痛みであれば、そのままカイロを貼り続けてかまいません。痛みは細胞の修復が進んでいることの現れと考え、しばらく様子を見てください。

万が一、がまんできないほど痛みが強く、つらくなった場合は、カイロの使用は中止します。心配な場合は、必ず専門医の診断を受けてください

温めることは全身を健康にする

何度もいいますが、カイロで温めることは、ダメージを受けた細胞の修復を手助けするのが目的です。これはなにも「脊柱管狭窄症」の痛みだけにかかわらず、全身の細胞を元気にすることに役立ちます。

余裕があれば、「脊柱管狭窄症」の痛み以外にも、気になるところにカイロを貼って、積極的に温めてください。

例えば、首や肩がこったり、張ったりしていませんか? 腱鞘炎バネ指など、手の痛み、ひざや股関節の痛みにも、カイロで温めることは有効です。

全身の血流をよくして健康増進を図りたいなら、足先を温めるのもお勧めです。足先は血流が行き届きにくいところです。末端から温めて血液循環をよくしてあげれば、全身の血の巡りがよくなります。

このように、積極的に体を温めることは、さまざまな病気の予防・改善に役立ちます。「脊柱管狭窄症」の痛みを改善するだけにとどまらず、ぜひ体を温めることで全身の健康を手に入れてください。

筋肉をほぐしてさらに健康効果を高める「ライトストレッチ」

血液循環をよくするには、カイロで温める以外にもう一つ、「さする」ことも有効です。痛みのある部分を手のひらでさするだけでも、温かくなって血液循環がよくなることがわかると思います。

もっと効果的なのは、硬式のテニスボールを使った「ライトストレッチです。

やり方は、痛みのあるところにテニスボールを当てて、筋肉をやさしくほぐすような気持ちで、手でコロコロと転がすだけ。強く圧迫する必要はありません。

手でさすると、手のひらが浮いてうまく刺激できなかったり、逆に手のひらをベタッとつけてしまうと、圧迫が強くなりすぎたりしがちです。しかし、テニスボールの球面を利用すると、一定のほどよい刺激で、筋肉を効果的にほぐすことができます。

ダメージを受けた細胞が修復される過程では、炎症を起こして血液循環をふやすとともに、ダメージを受けた筋肉組織の再構築も行われます。筋肉に直接はたらきかける「ライトストレッチ」は、血液循環をよくして、筋肉組織の再構築をスムーズに進行させることに役立ちます。

医師の故・枝川直義先生は、「内臓や骨格の表面をおおっているのは筋肉で、筋肉のコリを取れば、その中にある骨格や内臓も元気になる」と説いていらっしゃいます。この理論をもとに、筋肉に薬効成分を注射をしてコリを取る「なおさん注射」という治療法で、さまざまな症状を改善してきました。また、「体壁医学」という考え方を提唱されました。

これは私の推論ですが、多くの人には筋肉にコリがあり、それが症状として現れた状態が病気だという可能性もあると考えています。内臓の病気もしかり。「脊柱管狭窄症」もしかり。ほとんどの病気に、筋肉のコリが関係している可能性があります。

そう考えると、枝川先生が提唱されたとおり、筋肉のコリを取ることが、いろんな病気の治療や養生につながる可能性は大いにあるといえるでしょう。

その意味からも、テニスボールを使った「ライトストレッチ」は、こった筋肉をほぐす方法の一つとしてお勧めです。筋肉の状態をよくすることで、「脊柱管狭窄症」の痛みが改善し、さらに内臓を元気にすることにもつながっていくかもしれません。

カイロで温めること、筋肉をほぐすことは、全身の細胞を元気にするということ。実行していただければ、私が提唱する「細胞が元気になる医療」の効果を、きっと実感していただけると思います。

おすすめの本

なお、本稿は『脊柱菅狭窄症を自分で治す本』(マキノ出版)から一部を抜粋・加筆して掲載しています。詳細は下記のリンクよりご覧ください。

関連記事
脊柱菅狭窄症の痛みがひどいときでも本当に温めて大丈夫? カイロの代わりに「温湿布」でもいい? お風呂で温めるのも有効?といった疑問への回答や、どのようなことに注意すればいいのか、についてお話しします。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-06 06:30:00 公開: 2020-11-06 06:30:00
細胞にダメージを与える主な原因は、冷飲食、口呼吸、重力エネルギー、新型栄養失調、運動不足または過度な運動です。細胞機能を高めるには、温飲食、鼻呼吸、適度な運動をする、などの生活習慣を心がければいいということです。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-05 06:30:00 公開: 2020-11-05 06:30:00
「脊柱管狭窄症」の痛みやしびれは、お尻や足の筋肉の細胞がダメージを受け、それを修復しようと炎症が起こって血液循環がふえている、と考えるといいでしょう。痛みは悪者ではなく、治るために必要な反応であるということを知っておいてほしいのです。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-03 06:30:00 公開: 2020-11-03 06:30:00
現代医療では「対症療法(症状を軽くするための治療法)」が主になっています。対症療法とは緊急時に用いられる「救急医療」で、それにより多くの命が救われてきました。その一方で、慢性の症状に対しては、根本の原因を改善するものではありません。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-02 06:30:00 公開: 2020-11-02 06:30:00
脊柱管狭窄症とは、背骨の中にある神経の通り道が狭くなっている状態のことをいいます。最も特徴的な症状は「間欠性跛行」、歩いていると足腰に痛みやしびれが出て、しゃがんで休むと症状がやわらぎ、また歩けるようになるという症状です。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-01 06:30:00 公開: 2020-11-01 06:30:00
脊柱菅狭窄症の痛みがひどいときでも本当に温めて大丈夫? カイロの代わりに「温湿布」でもいい? お風呂で温めるのも有効?といった疑問への回答や、どのようなことに注意すればいいのか、についてお話しします。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-06 06:30:00 公開: 2020-11-06 06:30:00
細胞にダメージを与える主な原因は、冷飲食、口呼吸、重力エネルギー、新型栄養失調、運動不足または過度な運動です。細胞機能を高めるには、温飲食、鼻呼吸、適度な運動をする、などの生活習慣を心がければいいということです。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-05 06:30:00 公開: 2020-11-05 06:30:00
カイロを貼るのは、痛みが出ている部位=体が血液を集めている部位、つまり、細胞がダメージを受けて、血液を欲している部位です。「脊柱管狭窄症」と診断されたかたは、歩いているときに痛みやしびれが出る部位にカイロを貼ります。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-04 06:30:00 公開: 2020-11-04 06:30:00
「脊柱管狭窄症」の痛みやしびれは、お尻や足の筋肉の細胞がダメージを受け、それを修復しようと炎症が起こって血液循環がふえている、と考えるといいでしょう。痛みは悪者ではなく、治るために必要な反応であるということを知っておいてほしいのです。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-03 06:30:00 公開: 2020-11-03 06:30:00
現代医療では「対症療法(症状を軽くするための治療法)」が主になっています。対症療法とは緊急時に用いられる「救急医療」で、それにより多くの命が救われてきました。その一方で、慢性の症状に対しては、根本の原因を改善するものではありません。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-02 06:30:00 公開: 2020-11-02 06:30:00

話題のキーワード

local_offerめまい
get_app
ダウンロードする
キャンセル