MENU
「myhealth」は暮らしと健康に役立つ実用書を刊行する出版社、マイヘルス社が運営しています
【脊柱管狭窄症の痛みの原因】痛みやしびれは治るために必要な炎症反応

【脊柱管狭窄症の痛みの原因】痛みやしびれは治るために必要な炎症反応

「脊柱管狭窄症」の痛みやしびれは、お尻や足の筋肉の細胞がダメージを受け、それを修復しようと炎症が起こって血液循環がふえている、と考えるといいでしょう。痛みは悪者ではなく、治るために必要な反応であるということを知っておいてほしいのです。【解説】坂井学(坂井医院院長)

解説者のプロフィール

坂井学(さかい・まなぶ)
坂井医院院長。1949年鳥取県出身。大阪大学医学部卒業後、大阪府下などの複数の病院で勤務医を経て、1999年に坂井医院(和歌山市)を開設し、現在に至る。坂井医院での診療で延べ15万人以上の患者さんと向き合い、現代医療では治りにくい人の多くを治ゆに導いている。2011年に著書「『体を温める』とすべての痛みが消える」(マキノ出版)を出版して、amazon1位となり、現在もロングセラーを続けている。その卓越した治療法は、健康雑誌として著名な『壮快』『安心』などで掲載される。これまでに招待講演会などを全国各地で100回以上行い、医療に対する根元的な視点を示して強い支持を受けている。

痛みは体を修復するための「治ゆ反応」

ここでは、「細胞が元気になる医療」の具体的なメソッドを紹介する前に、知っておいていただきたい重要なキーワードをお話しします。今すぐメソッドを知りたいかたは、この先の記事から読んでいただいてもかまいません。

ただし、それらのメソッドを実行することによって、なぜ「脊柱管狭窄症」の痛みが改善するのか、その理論を理解しておくことはとても大切なことです。治るメカニズムが納得できれば、メソッドを実行するにあたっての心がまえもしっかりするでしょう。

「これをすればよくなる」ということが脳細胞で理解できれば、希望とやる気が高まり、それは効果に直結します。まず、痛みを改善するために、痛みとは何かを知っておきましょう。


前記事では、「細胞のダメージが体の不調を引き起こす」という話をしました。

私たちの体には、自然治ゆ力(体が本来持っている病気を治す力)が備わっています。この自然治ゆ力は、医学的にはホメオスターシス(恒常性維持機能)と呼ばれています。体内環境が最適に維持されるように、調節されるはたらきです。

つまり、なんらかの原因で細胞がダメージを受けたとしても、そのダメージを修復しようとする機能がはたらくのです。

わかりやすいのは、カゼをひいたときに現れるいろいろな症状です。カゼは、ウイルスが体内に入ってふえることによって起こります。ウイルスによって細胞がダメージを受けると、体はダメージを修復しようとします。それが自然治ゆ力です。

ダメージを受けた細胞を修復するために、炎症が起こります。その結果、血液循環がふえます。すると、腫れや熱感、発赤(皮膚や粘膜の一部が赤くなること)が起こり、同時に痛みを伴います。また、体温を上げることで、熱に弱いウイルスの活動をおさえるとともに、新陳代謝を活発にして、細胞を早く修復しようとします。

その結果、発熱、のどの腫れや痛みといったカゼの症状が現れるのです。なお、セキや鼻水も、ウイルスを追い出そうとする、体を守る反応です。

そう考えると、つらいカゼの症状は、私たちの体にとって悪いことではなく、むしろウイルスを退治して、体の状態をよくするための「治ゆ反応」であることがわかります。熱さましで熱を下げたり、冷やして血流を悪くしたりすることは、その治ゆ反応に逆らうことになるのです。

発熱やのどの痛みといったカゼの症状に代表される治ゆ反応は、ひとことでいうと「炎症」と呼ばれる現象です。

治ゆ反応として生じるのは炎症だけにかぎりませんが、肺炎、虫垂炎、アトピー性皮膚炎、潰瘍性大腸炎など、多くの病気に「炎」という字がついていることからもわかるとおり、炎症が関係している病気は実に多いものです。なかには、ガンでさえ炎症ととらえる専門家もいます。


では、痛みとは何か。これもやはり炎症です。

ねんざで足をいためたときは、パンパンに腫れて痛みが出てきます。これは、ダメージを受けた細胞を修復しようと、血液がたくさん集まって起こっている治ゆ反応、つまりは炎症です。

「脊柱管狭窄症」の痛みやしびれは、お尻や足の筋肉の細胞がダメージを受け、それを修復しようと炎症が起こって血液循環がふえていると考えるといいでしょう。

炎症によって体に現れる反応は、主に発赤、熱感、腫れ、痛みの四つです。赤くなったり熱を持ったり、腫れたり痛みが出たりすると、つらいので「すぐに消さないと」と思う人がほとんどでしょう。

しかし、カゼの症状と同じで、「脊柱管狭窄症」の痛みやしびれも、体にとって決して悪い反応ではありません。それどころか、体のダメージを治すために起こっている、自然治ゆ力のはたらきです。

「痛みは悪者」と目のかたきにして、湿布や消炎鎮痛剤でむやみに炎症を止めようとしてしまうと、やはり血液循環をへらして、治ゆ反応をさまたげることになってしまいます。


もちろん、体がたえきれないほど炎症反応が強すぎる場合は、薬剤などの医療的な介入が必要となります。心配なときは、ためらわず医師に相談しましょう

ここで知っておいてほしいのは、痛みは悪者ではなく、治るために必要な反応であるということ。その考えを持てば、痛みに対する向き合い方も変わってきます。どう対処すればいいのかも、おのずとみえてきます。まずは、痛みの本当の意味を理解してください。

細胞にダメージを与える要因とは

なんらかの原因で細胞がダメージを受け、そのダメージを修復するための現象として炎症が起こること。その炎症反応の一つが痛みであることは、ご理解いただけたでしょうか。では次に、細胞にダメージを与える原因について考えていきましょう。


細胞にダメージを与える原因には、さまざまなことがあげられますが、主なものに、冷飲食、口呼吸、重力エネルギー、新型の栄養失調、運動不足または過度な運動が考えられます。それぞれが細胞にダメージを与える理由は、次のとおりです(くわしくは続きの記事でもお話しします)。

①冷飲食

私たちの体内の温度は、通常では37℃に調節されています。37℃の胃腸の中に、それよりも低い温度の飲みものや食べものが入ったら、胃腸の細胞はすぐにダメージを受けて、胃腸の機能はガタガタになってしまいます。

一つは、消化吸収のはたらきです。ここで重要なのは、必要な栄養素は吸収して、体に有害なものは入れないという「バリアー機能」です。これがあるから、人体は生命を維持できているのです。

このバリアー機能が破壊されるとどうなるでしょうか?

すると、吸収すべきものが吸収できず、体内に入れてはいけないものが入ってしまいます。これでは、病気にまっしぐら。現に、長期間、強い痛みがあるかたの多くは、とても胃腸が荒れています。

もう一つのはたらきは、免疫の機能です。白血球(血液中に存在する免疫細胞の主体)の7〜8割は腸にあります。これらが、冷飲食の寒冷エネルギーによってダメージを受けると、免疫力が一挙に低下してしまいます。これが、さまざまな病気をもたらすことは、容易に想像できるでしょう。

このように、常温のものをふくめて、冷飲食は人体に破壊的なダメージをもたらすことをよく理解してほしいと思います。


②口呼吸

呼吸には、口で呼吸をする「口呼吸」と、鼻で呼吸をする「鼻呼吸」の2種類があります。本来、呼吸は鼻でするものです。ほ乳類はすべて、鼻呼吸です。言葉を覚えた人間だけが、口呼吸ができるようになったものです。

鼻は高性能の空気清浄器加温・加湿器の機能をあわせ持ちます。バイ菌やほこりを取りのぞいた清浄な空気を、加温・加湿して肺に届けてくれるのです。

一方、口は食べたり、話したりするための器官です。鼻のように空気をきれいにしたり、加温・加湿したりする機能は備わっていません。そのため、口で呼吸をすると、体温より低い温度の空気を、バイ菌やほこりとともに吸いこむことになります。

そうなると、細胞がダメージを受け、口の中の環境が悪くなるだけでなく、扁桃や気管支、肺などに悪影響を及ぼします。


③重力エネルギー

直立二足歩行する人間にとって、重力エネルギーの負担は思いのほか大きいものです。立っているときも、座っているときも、姿勢を保つために筋肉や骨格がはたらいています。

血液も、重力に逆らって循環しています。そのため、横になってしっかり休む時間を作らないと、ミトコンドリア(細胞の中にあって、エネルギー生産を担当する小器官)が生み出すエネルギーが不足してしまいます。


④新型栄養失調

細胞が活発に活動するためには、水と酸素をふくめた、じゅうぶんな栄養が必要です。第一に必要な栄養素は、たんぱく質です。これが体を構成する、そして新陳代謝をして生命を維持するのに、最も基本的な栄養素です。

この新陳代謝を支えているのが、ビタミン・ミネラル類です。そして、細胞膜、局所ホルモン、エネルギー源に関係する脂質を、じゅうぶんにとりましょう。一方、糖質はとりすぎないことが大切です。

私たちの体は、食べたものでできています。じゅうぶんな栄養素をとり入れることによって、細胞がいきいきと活動する基礎ができるのです。ところが最近は、必要な栄養素が不足しているために、物質代謝のバランスがくずれているケースがふえています。これは、「新型栄養失調」と呼ばれています。


⑤運動不足、または運動のやりすぎ

適度に体を動かすことも、いきいきとした細胞を養うために重要なことです。ここでまちがえないでいただきたいのは、筋肉を「きたえる」のではなく、柔軟に伸び縮みするしなやかな筋肉をつくる、つまり「ほぐす」ことが大切だということです。

筋力アップのための過度なトレーニングは、逆に細胞にダメージを与えます。運動不足も筋肉をこわばらせて動きを悪くしてしまうので、細胞にとってよくありません。


なお、私が直接指導を受けた西原克成先生は、ミトコンドリアの活動を障害するそもそもの原因として、バイ菌をあげていらっしゃいます。

誤った生活習慣によって白血球が弱ると、バイ菌をかかえたまま体内を巡ることになります。その結果、バイ菌があちこちの臓器や器官にばらまかれ、あらゆる細胞の中に侵入する「x細胞内感染症」が起こります。それがミトコンドリアに障害を与えて、さまざまな不調につながるというのが、西原医学の大きな柱の一つです。

西原先生は、冷飲食、口呼吸、重力エネルギーもすべて、白血球を弱らせ、細胞内感染症をまねく一因だと説いています(くわしくは西原先生の著書を読まれることをお勧めします)。

さらに、私は患者さんを直接診たり、さまざまな経験や勉強を重ねたりするなかで、自律神経系の乱れ、ホルモン分泌の乱れや、洗剤・歯磨き粉・シャンプーなどの日用品にふくまれる化学物質も、細胞にダメージを与える原因になると考えています。

痛みを止めるのではなく修復を助ける姿勢が大切

痛みの起こるメカニズムが理解できたら、あとは問題を一つずつ解決していけば、痛みのない体を手に入れることができます。もう一度おさらいをしながら、考えてみましょう。

痛みなどの不調が起こる原因は、細胞のダメージでしたね。それなら、細胞の生存条件を整え、細胞を元気にしてあげれば、痛みはなくなり体は元気になります。

そして、痛みとは、体の治ゆ反応の一つとして起こっている「炎症」という現象によるものです。血液を集め、体温を上げて、ダメージを受けた細胞を修復しようとしているのです。

であれば、消炎鎮痛剤の内服薬や湿布で血液循環を悪くすることは、修復を遅らせることになります。大切なことは、痛みが出てもあわてず、細胞が修復されるのを待つことです。

がまんできないほど激しい痛みがあるときには、痛み止めを使ってもかまいません。痛くて眠れないなど、生活に支障をきたすようなときは、一時的に痛み止めを使ったほうがいいこともあるでしょう。

しかし、ある程度痛みが落ちついてきたら、早めに痛み止めはやめて、自然治ゆ力をじゅうぶんに活用できるようにするほうが、細胞の修復はスムーズに進みます。

さらに、待つだけでなく細胞の修復を手助けしてあげれば、痛みはより早く消えていきます。

つまり、血液循環を高めてやればいいのです。具体的には、温めることです。ですから、坂井医院では痛みを訴える患者さんに、湿布ではなくカイロを勧めています(くわしくは続きの記事を参照)。


そしてもう一つ大切なのは、「痛いときには、痛みをがまんして、むやみに動かすことはしない」。

「脊柱管狭窄症」の痛みは、お尻や足の筋肉の細胞がダメージを受けたことによるものです。痛みをがまんして、無理に動いてしまえば、ダメージがよけいに大きくなってしまいます。せっかく細胞を修復しようと自然治ゆ力がはたらいているのに、それをじゃますることになってしまうのです。

痛み止めを使うと、痛みを感じずに体を動かせてしまうことも問題です。痛みは、体のダメージを伝えるサインでもあります。痛いと体を動かしにくくなるので、使いすぎを自然に止めてくれるのです。

ところが、痛み止めを使うと、体のダメージは修復されていないのに、痛みはなくなるため、いつもどおりに体を動かしてしまったり、なかには医師の勧めで筋トレなどの運動を行ったりする人がいます。これではダメージがますます大きくなり、細胞はなかなか修復されません。

痛みがあるときの運動に関しては、一般的な整形外科では、安静を勧める医師と、がまんしてでも動かすことを勧める医師とに分かれるようです。私は、痛い動作をがまんして行うのはよくないと考えています。その動作で痛みがあるということは、患部にさしさわっているからです。

ただし、治ゆの過程ではダメージを受けた筋肉組織の再構築も行われるので、それを手助けするような筋肉へのはたらきかけは有効です(くわしくは続きの記事を参照)。


以上のことから、一般的な整形外科で行われている医療と、私が行っている医療には、大きなちがいがあることがおわかりいただけたと思います。

特に重要なのは、痛みが出始めたときの対応です。

「湿布」ではなく「カイロ
「無理な筋トレ」ではなく「痛みをがまんして動かすことはしない
この二つが、痛みの改善と、あとあとの経過を大きく左右します

体を温めて、細胞の修復がスムーズに進むように手助けをしたら、あとは細胞にダメージを与えるような生活習慣を正し、細胞が元気に活動できる環境を整えていきましょう。そうすることによって、痛みのない状態が続けられ、痛みのあったところだけでなく、全身が健康になっていきます。これこそが「細胞が元気になる医療」のすばらしいところです。

次の記事では、いよいよ具体的な温め方について、お教えします。

おすすめの本

なお、本稿は『脊柱菅狭窄症を自分で治す本』(マキノ出版)から一部を抜粋・加筆して掲載しています。詳細は下記のリンクよりご覧ください。

関連記事
脊柱菅狭窄症の痛みがひどいときでも本当に温めて大丈夫? カイロの代わりに「温湿布」でもいい? お風呂で温めるのも有効?といった疑問への回答や、どのようなことに注意すればいいのか、についてお話しします。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-06 06:30:00 公開: 2020-11-06 06:30:00
細胞にダメージを与える主な原因は、冷飲食、口呼吸、重力エネルギー、新型栄養失調、運動不足または過度な運動です。細胞機能を高めるには、温飲食、鼻呼吸、適度な運動をする、などの生活習慣を心がければいいということです。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-05 06:30:00 公開: 2020-11-05 06:30:00
カイロを貼るのは、痛みが出ている部位=体が血液を集めている部位、つまり、細胞がダメージを受けて、血液を欲している部位です。「脊柱管狭窄症」と診断されたかたは、歩いているときに痛みやしびれが出る部位にカイロを貼ります。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-04 06:30:00 公開: 2020-11-04 06:30:00
現代医療では「対症療法(症状を軽くするための治療法)」が主になっています。対症療法とは緊急時に用いられる「救急医療」で、それにより多くの命が救われてきました。その一方で、慢性の症状に対しては、根本の原因を改善するものではありません。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-02 06:30:00 公開: 2020-11-02 06:30:00
脊柱管狭窄症とは、背骨の中にある神経の通り道が狭くなっている状態のことをいいます。最も特徴的な症状は「間欠性跛行」、歩いていると足腰に痛みやしびれが出て、しゃがんで休むと症状がやわらぎ、また歩けるようになるという症状です。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-01 06:30:00 公開: 2020-11-01 06:30:00
脊柱菅狭窄症の痛みがひどいときでも本当に温めて大丈夫? カイロの代わりに「温湿布」でもいい? お風呂で温めるのも有効?といった疑問への回答や、どのようなことに注意すればいいのか、についてお話しします。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-06 06:30:00 公開: 2020-11-06 06:30:00
細胞にダメージを与える主な原因は、冷飲食、口呼吸、重力エネルギー、新型栄養失調、運動不足または過度な運動です。細胞機能を高めるには、温飲食、鼻呼吸、適度な運動をする、などの生活習慣を心がければいいということです。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-05 06:30:00 公開: 2020-11-05 06:30:00
カイロを貼るのは、痛みが出ている部位=体が血液を集めている部位、つまり、細胞がダメージを受けて、血液を欲している部位です。「脊柱管狭窄症」と診断されたかたは、歩いているときに痛みやしびれが出る部位にカイロを貼ります。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-04 06:30:00 公開: 2020-11-04 06:30:00
「脊柱管狭窄症」の痛みやしびれは、お尻や足の筋肉の細胞がダメージを受け、それを修復しようと炎症が起こって血液循環がふえている、と考えるといいでしょう。痛みは悪者ではなく、治るために必要な反応であるということを知っておいてほしいのです。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-03 06:30:00 公開: 2020-11-03 06:30:00
現代医療では「対症療法(症状を軽くするための治療法)」が主になっています。対症療法とは緊急時に用いられる「救急医療」で、それにより多くの命が救われてきました。その一方で、慢性の症状に対しては、根本の原因を改善するものではありません。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-02 06:30:00 公開: 2020-11-02 06:30:00

話題のキーワード

local_offerめまい
get_app
ダウンロードする
キャンセル