MENU
「myhealth」は暮らしと健康に役立つ実用書を刊行する出版社、マイヘルス社が運営しています
【脊柱管狭窄症と対症療法】症状を軽くする治療法が現在は主流

【脊柱管狭窄症と対症療法】症状を軽くする治療法が現在は主流

現代医療では「対症療法(症状を軽くするための治療法)」が主になっています。対症療法とは緊急時に用いられる「救急医療」で、それにより多くの命が救われてきました。その一方で、慢性の症状に対しては、根本の原因を改善するものではありません。【解説】坂井学(坂井医院院長)

解説者のプロフィール

坂井学(さかい・まなぶ)
坂井医院院長。1949年鳥取県出身。大阪大学医学部卒業後、大阪府下などの複数の病院で勤務医を経て、1999年に坂井医院(和歌山市)を開設し、現在に至る。坂井医院での診療で延べ15万人以上の患者さんと向き合い、現代医療では治りにくい人の多くを治ゆに導いている。2011年に著書「『体を温める』とすべての痛みが消える」(マキノ出版)を出版して、amazon1位となり、現在もロングセラーを続けている。その卓越した治療法は、健康雑誌として著名な『壮快』『安心』などで掲載される。これまでに招待講演会などを全国各地で100回以上行い、医療に対する根元的な視点を示して強い支持を受けている。

現代医療は「対症療法」が主になっている

矛盾だらけの現代医療に対し、私は長い年月をかけて、痛みの本当の原因と、それに対するアプローチ法を追究してきました。現在私が行っている医療と、現代医療のちがいを説明するために、もう少し、理論的な話におつきあいください。それぞれの特徴を知ったうえで、ご自身が望まれる治療法を選択されるのがベストだと思います。

痛みがあれば痛み止め、熱が出たら熱さまし、せきが続けばせき止めの薬、炎症があれば抗炎症剤、血圧が高ければ降圧剤、コレステロール値が高ければ高脂血症治療剤、血糖値が高ければ血糖降下剤……。このように、現代医療では「対症療法(症状を軽くするための治療法)」が主になっています。

こうした治療法は、体で起こっている現象とは逆の状態に持っていこうとする療法であることから、「アロパシー(逆症療法)」とも呼ばれています。「脊柱管狭窄症」でいうと、痛みがあれば薬や湿布で、痛みという症状をとにかくおさえこもうという方法のことです。

そもそも、対症療法とは緊急時に用いられる「救急医療」です。例えば、スズメバチに刺されたときは、大至急、薬物治療(ステロイド剤)を行わなければ、死にいたる可能性があります。脳梗塞(脳の血管が詰まる病気)に対して血栓融解療法を行うことで、マヒなどの後遺症が残らずに回復するケースも多く見られます。

こうした救急医療の発達で、多くの命が救われてきました。これは現代医療の大きな成果です。

ただ、急性期にすばらしい効果が得られる薬ができたおかげで、それらを慢性期の症状にも使うようになったことが、現代医療が対症療法にかたよってしまった要因の一つではないかと、私は考えています。

画像診断などで、目に見えて「かたち」に異常があることがわかったり、生活に支障が生じるようなつらい痛みがあったりすれば、患者さんが医療の力でとにかくなんとかしてほしいと思う気持ちはよくわかります。

私自身、なんらかの強い痛みで消炎鎮痛剤を使うことがあります。「痛すぎてつらい」と訴える患者さんに、一時的に痛み止めを出すこともゼロではありません。

しかし、対症療法には重大な欠点があります。それは、「対症療法は症状を軽くさせることが最優先で、根本の原因を改善するものではない」ということです。


くり返しますが、対症療法は根本の原因を改善するものではなく、とにかく今ある症状を薬でおさえこむ治療法です。慢性の症状にそのような治療を行っても、根本原因は解決されていないので、症状に対して、いつまでも薬を使い続けることになります。すると、もともとの原因による体のダメージがどんどん広がっていき、けっきょく、病態が悪化してしまうことになりかねないのです。

薬には当然、副作用の問題もあります。ずいぶん前に、高熱などから脳症を起こす、子供の「ライ症候群」が多発し、その原因が解熱鎮痛剤であると報告されました。以来、解熱鎮痛剤は昔ほど安易に使われなくなりました。

しかし、一般のかたのなかにはそうした情報を知らずに、子供が熱を出したらすぐに熱さましを飲ませる人もいるようです。効くからと、安易に薬に頼ることは、実は非常におそろしいことなのです。

「脊柱管狭窄症」で「かたち」を問題にするように、見た目の「かたち」ばかりに意識を向けるようになったことも、現代医療では対症療法が主になっている一因といえます。


現代医療では、病理学によって病気が分類されています。病理学とは、細胞を顕微鏡で観察し、その変化からガンなどの病気を特定するものです。

その延長線上には、CT(コンピュータ断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像)検査などの画像診断の進歩という功績があることも事実です。しかし、「かたち」の変化はあくまでも結果であって、そこに至るまでにはなんらかの原因があるはずです。

現代医療は、その原因には目を向けず、結果である「かたち」の異常を重視するあまり、その「かたち」に対する対症療法が、治療の中心になってしまっているのです。

画像などに見えている「かたち」の異常は、氷山の一角です。いくら「かたち」に対する対症療法を行っても、原因が解決していなければ、また症状がぶり返したり、さらにひどい結果をまねいたりすることにもなりかねないでしょう。

対症療法は一時的な助けにはなっても、決して完治には至らないことを心得ておくべきです。

私が提案するのは「細胞が元気になる医療」

では、目に見える症状だけでなく、体のダメージを根本的に解決するにはどうすればいいのでしょうか。

それには、体の基本単位である「細胞」を元気にすることがいちばんです。これが、現代医療の「対症療法」に対して、私が提案する「細胞が元気になる医療」です。


私たちの体は、60兆個の細胞でできています。それらの細胞は、すべて同一の遺伝子を持っていて(例外は核を持たない赤血球)、皮膚なら皮膚、臓器なら臓器と、それぞれに形を変えて各々の機能を果たしています。

また、人間をふくむ高等動物では、体は細胞どうしが連携をとりながら、自律神経やホルモンなどによって、一つの統合体として調整し、生命活動を維持しています。要は、一つひとつの細胞がきちんと生存していること、そしてそれらが調和の取れた状態ではたらいていることが、私たちが元気に生きていられる基本的な条件なのです。

逆に考えると、不調は細胞のダメージととらえることができます。

どこの細胞にダメージが生じているかによって、起こってくる不調や病気の種類が異なるだけです。心臓の細胞にダメージがあれば心臓病、肝臓の細胞にダメージがあれば肝臓病、脳の細胞にダメージがあればアルツハイマー病といったようにです。

脊柱管狭窄症の場合は、お尻や足の筋肉の細胞がダメージを受けているということです。細胞にダメージが生じる原因については、あとあと述べていきます。

細胞のダメージで不調が起こっているのであれば、細胞の生存条件を整え、細胞を元気にしていけば、不調は改善するはずです。60兆個の細胞一つひとつが活発に、正しく機能するようになれば、体は本来あるべき状態に戻っていくことができます。本来あるべき姿とは、痛みもない、病気もない、活力にあふれた健康な状態なのです。


私が唱える「細胞が元気になる医療」は、「脊柱管狭窄症」の痛みをなくすことだけを目的にしているわけではありません。ダメージを受けた細胞を元気にして、人間が本来あるべき状態に戻すための医療です。60兆個の細胞が活発にはたらくようになると、その結果として、「脊柱管狭窄症」の痛みもなくなっていくのです。

40年悩んでたどりついた真実

ここで、私が「細胞が元気になる医療」にいきついた経緯をお話しします。私が現代医療の診断・治療に疑問を持った典型的なケースで、大学病院の外来で診療していたときのことです。


その患者さんは年に一度、変形性股関節症の経過を診ているかたでした。レントゲン写真を見ると、関節の軟骨はまったくなくなっています。「きっと、杖をついても痛みが強く、歩きにくいだろうな」と予測して、患者さんに入室してもらいました。

するとおどろいたことに、その患者さんはスキップをするほど、かろやかに歩いてきます。診察しても、動きが少し制限されているだけで、痛みの所見はありませんでした。つまり、「かたち」の異常と現実の症状は、まったく一致しなかったのです。

「これはどういうことなのか」当時の私は、まだその理由はわかりませんでした。しかし、「かたち」の異常と症状とは一致しないこともあるのだと、強い衝撃を心の中に受けとめて、いつか解明したいと思ったことを覚えています。

その後、整形外科医として勤務した病院でも、レントゲンで骨に異常が見られるのに症状がない人、骨に異常はないのに痛みを訴える人など、これまで医学教育で学んできた理論とは異なる症例に数多く出会ってきました。


このような症例では、レントゲン所見と現実の症状が一致しないことを、きちんと説明できません。こういうケースはよくあります。ほかの医師なら「こんなこともあるだろう」とお茶をにごして、うまくつじつまを合わせながら対応していくのがほとんどでしょう。けれども、私は患者さんを前にして、理屈に合わず、説明できないことに悩んでいました。

起こっている現象の説明がつけられないのに、患者さんに「こうすればよくなりますよ」とはいえません。

実際、整形外科で行われている保存療法(手術以外の治療法)では、大きな効果が得られていないことも事実でした。そして悩んだあげく、私は整形外科の道から離れる決意で、勤めていた病院を辞めることにしたのです。


そんな私が再び整形外科の道に戻り、医師を続けることになったのには、理由があります。これまで学び、実行してきた現代医療とは異なる、私にとっては目からウロコが落ちるような新しい考え方の医療に出合ったからです。

一つは、「漢方」です。痛みや病変のある部位だけを集中的に診る現代医療とちがい、体質や生活習慣など人間をトータルに診る漢方は、私の病気のとらえ方に大きな変革をもたらしました。


もう一つは、「AKA博田法(以下、AKA)」です。これは、1979年に博田節夫(はかた せつお)医師が開発された手技で、関節の引っかかりがその周囲の筋肉をこわばらせ、痛みを生じさせるという考えにもとづいています。特に、仙腸関節(腰の一番下のほうにある関節)の引っかかりは全身に影響するとして、重要視されています。

このAKAの理論にふれたことで、私の考えは大きく変わりました。

痛みの原因は、今まで現代医療が重要視してきた、レントゲンで見る「かたち」の異常だけではなかった!
衝撃とともに、そのことが明確になったのです。


さらにもう一つ、細胞に目を向けることの大切さを決定づけたのが、医学博士の西原克成(にしはら かつなり)先生との出会いです。

西原先生は、東京大学附属病院で長年講師をつとめられ、現在は西原研究所を中心に活躍されています。先生が提唱しているのが、「人体を構成する細胞がダメージを受け、細胞内で生命活動を支えているミトコンドリアの機能が低下すると、痛みなどの症状や、さまざまな病気をまねく」という考え方です。

細胞にダメージを与え、ミトコンドリアの機能を低下させる要因として、西原先生は体に負担をかける「寒冷エネルギー」と「重力エネルギー」、またそれらによって、バイ菌が細胞の中に侵入する「細胞内感染症」をあげておられます。

私は西原先生から直接指導を受け、この理論を学んだことで、ようやくこれまでの悩みが解決できた思いがしました。現代医療が主張する「かたち」の異常だけでは説明できない、痛みの本当の原因が見えてきたのです。

これによって、自分のなかで痛みの治療に対する一つの基盤ができました。その内容をまとめたのが、2011年に出版した『「体を温める」とすべての痛みが消える』(マキノ出版)です。

その後、臨床経験をつむなかで、西原先生が唱える寒冷エネルギーや重力エネルギー、バイ菌の細胞内感染症以外にも、細胞にダメージを与える要素がいろいろあるとわかってきました。それをもとに、さらに私なりに工夫した治療法を確立しつつあります。

今ある痛みが解決するだけでなく 全身が健康になる

現代医療が「かたち」の異常を重視し、そこだけにはたらきかける「対症療法」なのに対し、「細胞が元気になる医療」は、目に見えている「かたち」以外のところに原因を求め、体を根本から元気にしていく療法です。

体に痛みが出たり、不調が起こったりすると、よく「年のせい」にされることがあります。確かに、年月の積み重ねが体調に影響を与えることはあるでしょう。

ただ、私にいわせれば、それは単なる月日の積み重ねではなく、細胞がダメージを受けた年月の積み重ねです。同じ年齢でも不調が起こる人と起こらない人がいるのは、その年月をどう過ごしてきたかによるちがいです。

受けたダメージをためこまず、細胞を健康な状態に保つ生活を送ってきた人は、年を重ねても元気でいられます。逆に、よくない生活習慣によって細胞にダメージを与え続けてきた人は、その積み重ねが、年を取ったときに不調となって現れるのです。

不調がどこに現れるのかは、人によって異なります。心臓なのか、ほかの臓器なのか、皮膚なのか、もしくは脊柱管狭窄症のように腰やお尻、足なのか。あるいは数ヵ所の不調が複合して起こることもありうるでしょう。なぜそこに不調が現れるのかは、「そこが、その人の弱点だから」と考えています。


しかし、逆の発想で考えてみてください。

細胞のダメージで、あらゆる不調が起こるのであれば、受けたダメージをためこまない生活習慣を心がけ、細胞のダメージを積み重ねないように気をつけていけば、あらゆる不調が予防できるということです。

たとえ、不調が起こってしまっても、その時点で細胞を元気にする努力をすれば、その不調が改善できるだけでなく、ほかの不調も予防・改善できる可能性があります。

脊柱管狭窄症の人に関していえば、今あるお尻や足の痛み・しびれを改善するとともに、それをきっかけに全身の健康をも手に入れることができるのです。それが、「細胞が元気になる医療」の大きな特長です。


「対症療法」と「細胞が元気になる医療」、どちらが正しいというわけではありません。

「とにかく今ある痛みを、一刻も早くなくしたい」というのなら、対症療法の力を借りるのもいいでしょう。あなたが何を望んでいるのかによって、希望に見合った医療を選択すればいいのです。

私が伝えたいのは、病気を治す方法は一般的な現代医療だけにかぎらないということです。特に、脊柱管狭窄症と診断されて、「手術は怖い」「手術をしてもよくならないかもしれない」という不安をかかえている人は、対症療法以外にも治療法があることを知ってください。

今はMRI検査などの画像診断が発達して、「かたち」の異常がはっきりと確認できるようになったおかげで、脊柱管狭窄症と診断される人がふえ、「かたち」の異常を治すための手術を勧められることもふえてきました。

もちろん、それでよくなる人もいるので、手術による治療も否定はしません。

でも、ここまで再三述べてきたように、痛みの原因は「かたち」の異常ではありません。体の基本単位である細胞を元気にすれば、手術をせずに痛みを解消できる可能性も大いにあるのです。

また、腰や足の痛みを訴える人のなかには、レントゲンやMRI検査をしても異常が見つからず、治療のしようがないといわれて困っている人もいるようです。

目に見える「かたち」がすべての現代医療では、画像診断で「かたち」の異常が見つからなければ、なすすべがありません。そのような患者さんに対し、「気持ちの問題」といわんばかりに、心療内科や精神科の受診を勧める医師も多いのが現状です。

しかし、「細胞が元気になる医療」は「かたち」の異常の有無にかかわらず、症状の出ている細胞そのものにはたらきかけます。そのため、現代医療では原因のわかっていない痛みでも、改善させることが可能です。

あなたはどちらを選びますか?「細胞が元気になる医療」を選択するのなら、続きの記事で紹介する内容を実行してみませんか?

現代医療と「細胞が元気になる医療」のちがい

おすすめの本

なお、本稿は『脊柱菅狭窄症を自分で治す本』(マキノ出版)から一部を抜粋・加筆して掲載しています。詳細は下記のリンクよりご覧ください。

関連記事
脊柱菅狭窄症の痛みがひどいときでも本当に温めて大丈夫? カイロの代わりに「温湿布」でもいい? お風呂で温めるのも有効?といった疑問への回答や、どのようなことに注意すればいいのか、についてお話しします。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-06 06:30:00 公開: 2020-11-06 06:30:00
細胞にダメージを与える主な原因は、冷飲食、口呼吸、重力エネルギー、新型栄養失調、運動不足または過度な運動です。細胞機能を高めるには、温飲食、鼻呼吸、適度な運動をする、などの生活習慣を心がければいいということです。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-05 06:30:00 公開: 2020-11-05 06:30:00
カイロを貼るのは、痛みが出ている部位=体が血液を集めている部位、つまり、細胞がダメージを受けて、血液を欲している部位です。「脊柱管狭窄症」と診断されたかたは、歩いているときに痛みやしびれが出る部位にカイロを貼ります。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-04 06:30:00 公開: 2020-11-04 06:30:00
「脊柱管狭窄症」の痛みやしびれは、お尻や足の筋肉の細胞がダメージを受け、それを修復しようと炎症が起こって血液循環がふえている、と考えるといいでしょう。痛みは悪者ではなく、治るために必要な反応であるということを知っておいてほしいのです。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-03 06:30:00 公開: 2020-11-03 06:30:00
脊柱管狭窄症とは、背骨の中にある神経の通り道が狭くなっている状態のことをいいます。最も特徴的な症状は「間欠性跛行」、歩いていると足腰に痛みやしびれが出て、しゃがんで休むと症状がやわらぎ、また歩けるようになるという症状です。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-01 06:30:00 公開: 2020-11-01 06:30:00
脊柱菅狭窄症の痛みがひどいときでも本当に温めて大丈夫? カイロの代わりに「温湿布」でもいい? お風呂で温めるのも有効?といった疑問への回答や、どのようなことに注意すればいいのか、についてお話しします。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-06 06:30:00 公開: 2020-11-06 06:30:00
細胞にダメージを与える主な原因は、冷飲食、口呼吸、重力エネルギー、新型栄養失調、運動不足または過度な運動です。細胞機能を高めるには、温飲食、鼻呼吸、適度な運動をする、などの生活習慣を心がければいいということです。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-05 06:30:00 公開: 2020-11-05 06:30:00
カイロを貼るのは、痛みが出ている部位=体が血液を集めている部位、つまり、細胞がダメージを受けて、血液を欲している部位です。「脊柱管狭窄症」と診断されたかたは、歩いているときに痛みやしびれが出る部位にカイロを貼ります。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-04 06:30:00 公開: 2020-11-04 06:30:00
「脊柱管狭窄症」の痛みやしびれは、お尻や足の筋肉の細胞がダメージを受け、それを修復しようと炎症が起こって血液循環がふえている、と考えるといいでしょう。痛みは悪者ではなく、治るために必要な反応であるということを知っておいてほしいのです。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-03 06:30:00 公開: 2020-11-03 06:30:00
現代医療では「対症療法(症状を軽くするための治療法)」が主になっています。対症療法とは緊急時に用いられる「救急医療」で、それにより多くの命が救われてきました。その一方で、慢性の症状に対しては、根本の原因を改善するものではありません。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-02 06:30:00 公開: 2020-11-02 06:30:00

話題のキーワード

local_offerめまい
get_app
ダウンロードする
キャンセル