MENU
「myhealth」は暮らしと健康に役立つ実用書を刊行する出版社、マイヘルス社が運営しています
【加齢性鼻炎】老人性鼻炎の症状や治療法 後鼻漏には漢方やオイル点鼻が一定の効果

【加齢性鼻炎】老人性鼻炎の症状や治療法 後鼻漏には漢方やオイル点鼻が一定の効果

加齢によって、鼻腔やのどの粘膜にも萎縮や機能低下が起こり、また、自律神経も乱れます。それらが引き金となり、水っぽい鼻水が流れ、鼻づまりも起こります。カゼのような悪寒や、セキ、くしゃみなどはありません。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)

解説者のプロフィール

北西剛(きたにし・つよし)
きたにし耳鼻咽喉科院長。医学博士。1966年、大阪府守口市に生まれる。滋賀医科大学卒業後、病院勤務を経たのち、故郷の守口市で2005年にきたにし耳鼻咽喉科を開院。日本耳鼻咽喉科学会専門医、日本気管食道科学会専門医。日本アーユルヴェーダ学会理事長。日本胎盤臨床医学会認定医・理事。日本統合医療学会認定医。日本ホメオパシー学会認定医。そのほか、森林セラピスト、野菜ソムリエ、阪神タイガースネット検定合格など、多彩な活動をしている。主な著書に『耳鼻咽喉科医だからわかる意外な病気、治せる病気』(現代書林)、『難聴・耳鳴り・めまい「治る」には理由(わけ)がある』(ルネッサンス・アイ)、『「うるうる粘膜」で寿命が延びる』(幻冬舎MC)などがある。
▼きたにし耳鼻咽喉科ホームページ

加齢性鼻炎(老人性鼻炎とは)?

別名、「老人性鼻炎」。加齢によって、引き起こされる鼻炎です。

高齢化社会の進行によって、近年、ふえているとされています。 「鼻水が止まらない=アレルギー性鼻炎やカゼ」と思って、市販薬を長期間飲んでいる高齢者がいます。これらの薬は、効かないだけではなく、薬の副作用が体に悪影響を及ぼすおそれもあります。

市販薬を飲んでもあまり効果がないという場合、ご自分が本当にアレルギー性鼻炎かどうか、検討する必要があります。あやしいようなら、一度、耳鼻咽喉科で診察を受け、確認しましょう。

原因は?

加齢によって、さまざまな老化現象が生じます。

鼻腔やのどの粘膜にも萎縮や機能低下が起こり、また、自律神経も乱れます。それらが引き金となります。

症状は?

粘膜機能が低下すると、粘膜が持つ水分吸着力も弱くなるため、水っぽい鼻水が流れ出ます。鼻づまりも起こります。ただし、カゼのような悪寒や、セキ、くしゃみなどはありません。

粘膜の機能低下により、保水できなくなった鼻水がのどへ垂れれば、それが後鼻漏として自覚されます。寝ると、後鼻漏がのどに落ちやすくなりますから、夜間に後鼻漏によるセキがひどくなり、熟睡できないかたも出てきます。

また、鼻からのどにかけての粘膜が萎縮し乾燥することで、鼻汁が張りつきやすくなります。すると、本人は、「のどの違和感・異物感」という症状を訴えます。

こうした場合、内視鏡で鼻咽腔などを診察しても、実際にはのどに変調が見られないことがあります。

このため、こちらの症状は 「後鼻漏感」と呼ばれています。同じ病気でも、実際に後鼻漏に悩まされるかたと、後鼻漏感に悩まされるかたが出てくるのです。

粘膜の分泌機能の低下で、乾燥が進むと、口腔内やのどに乾きを訴えることもあるでしょう。

さらに、加齢現象として自律神経の失調が起こった場合、血管運動性鼻炎と全く同じ症状を呈することがあります。「寝起きや朝方に、鼻水が多く出る」「食事のときに鼻水が出やすくなる(熱いものやからいものを食べたときに、症状が特に出る)」といった症状が起こります。

治療法は?

そもそもの原因が加齢現象なので、その症状を根治させることは難しい面があります。耳鼻科を受診していても、不要な点鼻薬が長期間処方されている場合もあり、注意が必要です。

加齢性鼻炎は、高齢になると誰しも多かれ少なかれ起こる変化です。まずは、その状態を知り、受容することが大事です。ですから、この症状に対しては、治療するというより、ケアする、お手入れをしていくという感覚で対応するとよいでしょう。

なお、漢方薬では、「冷え」に有効な「八味地黄丸(はちみじおうがん)」と、「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」が有効とされています。

セルフケアは?

ほとんどの場合、加齢によって乾燥や冷えが生じているので、加湿・加温を心がけてください。体全体の保温に努めましょう。

マスク・マフラーの着用もお勧めです。ことにマスクは、鼻を冷やさずに、乾燥を防ぐ効果が期待できます。アンチエイジングのために、バランスの取れた栄養補給や、適度の運動(ウォーキングなど)も重要です。

鼻、のどの乾燥を感じているかたは、ぜひオイル点鼻を試してみてください。オイルによって、鼻腔の乾燥を少しでも和らげましょう。

また、朝の鼻水に悩まされているかたには、鼻カイロもいいでしょう。もちろん、オールマイティな鼻うがいも勧められます。

おすすめの本

なお、本稿は『慢性副鼻腔炎を自分で治す』(マキノ出版)から一部を抜粋・加筆して掲載しています。詳細は下記のリンクよりご覧ください。

鼻づまりなどの鼻の症状を引き起こしている原因疾患を突き止め、それに対する適切な治療を行う必要があるのは、いうまでもありません。しかし、それに劣らず大切なのが、患者さんご自身が行うセルフケア(食事療法を含む)です。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-05 06:30:00 公開: 2020-09-05 06:30:00
加齢によって、鼻腔やのどの粘膜にも萎縮や機能低下が起こり、また、自律神経も乱れます。それらが引き金となり、水っぽい鼻水が流れ、鼻づまりも起こります。カゼのような悪寒や、セキ、くしゃみなどはありません。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-04 06:30:00 公開: 2020-09-04 06:30:00
上咽頭にはリンパ組織があり、たくさんの免疫細胞が待機しています。ここで侵入してきた病原体に応戦するのです。このため、もともと炎症の起こりやすい場所です。その炎症が慢性化した結果、慢性上咽頭炎となり、体に大きな悪影響を及ぼすようになります。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-03 06:30:00 公開: 2020-09-03 06:30:00
アレルギー性鼻炎とは、本来異物を体内に入れないための防御機構である、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが病的、かつ過剰に起こる病気です。症状を発する時期によって、「通年性」と 「季節性」に分けられます。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-02 06:30:00 公開: 2020-09-02 06:30:00
以前は「蓄膿症」と呼ばれていましたが、現代でも副鼻腔炎は悩んでいる人の多い疾患です。最も一般的な原因が、カゼなどや細菌感染によって鼻腔に炎症が起こり、それが副鼻腔に広がっていくもの。その炎症がいつまでも治まらず、慢性化する場合もあります。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-01 06:30:00 公開: 2020-09-01 06:30:00

話題のキーワード

local_offerめまい