MENU
「myhealth」は暮らしと健康に役立つ実用書を刊行する出版社、マイヘルス社が運営しています
【慢性上咽頭炎とは】そもそも上咽頭ってどこ?原因や治療法についてやさしく解説

【慢性上咽頭炎とは】そもそも上咽頭ってどこ?原因や治療法についてやさしく解説

上咽頭にはリンパ組織があり、たくさんの免疫細胞が待機しています。ここで侵入してきた病原体に応戦するのです。このため、もともと炎症の起こりやすい場所です。その炎症が慢性化した結果、慢性上咽頭炎となり、体に大きな悪影響を及ぼすようになります。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)

解説者のプロフィール

北西剛(きたにし・つよし)
きたにし耳鼻咽喉科院長。医学博士。1966年、大阪府守口市に生まれる。滋賀医科大学卒業後、病院勤務を経たのち、故郷の守口市で2005年にきたにし耳鼻咽喉科を開院。日本耳鼻咽喉科学会専門医、日本気管食道科学会専門医。日本アーユルヴェーダ学会理事長。日本胎盤臨床医学会認定医・理事。日本統合医療学会認定医。日本ホメオパシー学会認定医。そのほか、森林セラピスト、野菜ソムリエ、阪神タイガースネット検定合格など、多彩な活動をしている。主な著書に『耳鼻咽喉科医だからわかる意外な病気、治せる病気』(現代書林)、『難聴・耳鳴り・めまい「治る」には理由(わけ)がある』(ルネッサンス・アイ)、『「うるうる粘膜」で寿命が延びる』(幻冬舎MC)などがある。
▼きたにし耳鼻咽喉科ホームページ

慢性上咽頭炎とは?

上咽頭は、鼻腔のいちばん突き当たり、のどのほうからいえば、のどのいちばん上に位置しています。

カゼやさまざまな要因がきっかけとなって、上咽頭に炎症が起こります。

上咽頭炎には、「急性」と「慢性」がありますが、炎症が3週間以上続いている場合が「慢性上咽頭炎と呼ばれています。

慢性上咽頭炎は、その炎症の影響で、鼻づまりや後鼻漏、のどの違和感などの症状が引き起こされるだけではなく、血管や神経系を介して、遠くの臓器や全身へと悪影響を及ぼすリスクがあります。

原因は?

上咽頭は、左右の鼻の穴から吸い込まれた空気が合流し、気道に向かって下りていく場所です。上咽頭にはリンパ組織があり、たくさんの免疫細胞が待機しています。ここで侵入してきた病原体に応戦するのです。

このため、上咽頭はもともと炎症の起こりやすい場所です。その炎症が、ストレスなどの影響を受けて慢性化した結果、慢性上咽頭炎となり、体に大きな悪影響を及ぼすようになります。

症状は?

鼻づまりは軽度。外に出る鼻水は少なめですが、後鼻漏に悩まされるかたが多く見られます。のどの奥の違和感や、のどの痛み、タンがからみやすい、声が出しにくい、耳の痛み、頭痛、頭重感、首のこり、肩こりなどの症状が出ます。

しかも、慢性上咽頭炎がやっかいなのは、上咽頭とは直接関連のない、離れた臓器にまで影響を及ぼす点です。それが、病巣感染という現象です。

病巣感染とは、ある部位で起こっている慢性炎症が、遠隔部の一見関連のなさそうな臓器にも飛び火し(炎症性物質が血管を介して移動し)、炎症を引き起こす現象です。

病巣感染の最も典型的な病気とされるのが、IgA腎症。ほかに、ネフローゼ症候群、掌蹠嚢疱症、乾癬、アトピー性皮膚炎などが知られています。

めまい、耳鳴り、睡眠障害などの自律神経の乱れからくる症状など、多くの症状・疾患が出ることもあります。

治療法は?

明らかに細菌感染があると考えられる場合は、抗生剤を投与します。

効果的な治療法として、EAT(Epipharyngeal abrasive therapy、上咽頭擦過治療の略)があります。これは、塩化亜鉛溶液を染み込ませた綿棒で、慢性炎症の起こっている上咽頭をこする療法です(実施している医療施設は、下記のサイトをご参照ください)。

『つらい不調が続いたら慢性上咽頭炎を治しなさい』(著:堀田修 あさ出版)特設サイト
http://special.asa21.com/special/eat/

上咽頭は口を開けても見えない部分にあるため、耳鼻咽喉科で内視鏡の検査を行わない限り、診断が困難です。しかも、慢性上咽頭炎になると、内視鏡で見ても、一見正常に見えることがあり、耳鼻咽喉科でも「異常ありません」と診断されてしまうことも多いのです。

こうしたケースでも、EATを行うと、上咽頭に慢性炎症があれば、痛みや出血が生じ、炎症の存在を確認することができます。

つまり、EATは、治療と同時に、この病気の検査も兼ねています。慢性炎症の度合いがひどいほど、EATを行ったとき、痛みや出血がふえるのです。EATをくり返し、炎症がよくなってくると、痛みや出血が少なくなってきます。

EATを行う北西先生(左)。上咽頭を綿棒で擦過する(右上)。綿棒は鼻の穴や口から入れる(右下)

セルフケアは?

鼻うがいが勧められます。

上咽頭という場所は、鼻の奥、のどの天井部分に位置しています。ですから、ただのうがいなどでは洗うことができません。しかし、鼻うがいであれば、うがいなどで洗えない上咽頭をも、洗浄することが可能になります。

鼻腔にたまっている細菌、ウイルスを洗い流す効果も、あわせて期待できます。

おすすめの本

なお、本稿は『慢性副鼻腔炎を自分で治す』(マキノ出版)から一部を抜粋・加筆して掲載しています。詳細は下記のリンクよりご覧ください。

脊柱菅狭窄症の痛みがひどいときでも本当に温めて大丈夫? カイロの代わりに「温湿布」でもいい? お風呂で温めるのも有効?といった疑問への回答や、どのようなことに注意すればいいのか、についてお話しします。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-06 06:30:00 公開: 2020-11-06 06:30:00
細胞にダメージを与える主な原因は、冷飲食、口呼吸、重力エネルギー、新型栄養失調、運動不足または過度な運動です。細胞機能を高めるには、温飲食、鼻呼吸、適度な運動をする、などの生活習慣を心がければいいということです。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-05 06:30:00 公開: 2020-11-05 06:30:00
カイロを貼るのは、痛みが出ている部位=体が血液を集めている部位、つまり、細胞がダメージを受けて、血液を欲している部位です。「脊柱管狭窄症」と診断されたかたは、歩いているときに痛みやしびれが出る部位にカイロを貼ります。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-04 06:30:00 公開: 2020-11-04 06:30:00
「脊柱管狭窄症」の痛みやしびれは、お尻や足の筋肉の細胞がダメージを受け、それを修復しようと炎症が起こって血液循環がふえている、と考えるといいでしょう。痛みは悪者ではなく、治るために必要な反応であるということを知っておいてほしいのです。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-03 06:30:00 公開: 2020-11-03 06:30:00
現代医療では「対症療法(症状を軽くするための治療法)」が主になっています。対症療法とは緊急時に用いられる「救急医療」で、それにより多くの命が救われてきました。その一方で、慢性の症状に対しては、根本の原因を改善するものではありません。【解説】坂井学(坂井医院院長)
更新: 2020-11-02 06:30:00 公開: 2020-11-02 06:30:00

話題のキーワード

local_offerめまい
get_app
ダウンロードする
キャンセル