MENU
「myhealth」は暮らしと健康に役立つ実用書を刊行する出版社、マイヘルス社が運営しています
【下肢静脈瘤の症状】主な症状は足のむくみ 、重だるさ、疲れ 、こむら返り

【下肢静脈瘤の症状】主な症状は足のむくみ 、重だるさ、疲れ 、こむら返り

下肢静脈瘤の症状は、見た目だけにとどまりません。さまざまな不快な症状を伴います。代表的な症状としては、足のむくみ(浮腫)、重だるさ、疲れ、こむら返り、痛み、皮膚炎、潰瘍などがあげられます。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)

解説者のプロフィール

広川雅之(ひろかわ・まさゆき)
1962年、神奈川県生まれ。87年、高知医科大学卒業。同年、同大第二外科入局。93年、ジョーンズホプキンス大学医学部。2003年、東京医科歯科大学血管外科助手。05年、東京医科歯科大学血管外科講師。同年、お茶の水血管外科クリニック院長。内視鏡的筋膜下穿通枝切離術(99年)、日帰りストリッピング手術(00年)、血管内レーザー治療(02年)など、下肢静脈瘤の新しい治療法の研究・開発を行っている。医学博士、外科専門医、脈管専門医、日本静脈学会理事・ガイドライン委員会委員長、関東甲信越Venous Forum会長、日本血管外科学会評議員、日本脈管学会評議員。主な著書に『下肢静脈瘤は自分で治せる』(マキノ出版)などがある。
▼お茶の水血管外科クリニック


コブのように浮き出た血管は目立ち、とくに女性にとっては大きな悩みになります。しかし、下肢静脈瘤の症状は、見た目だけにとどまりません。さまざまな不快な症状を伴います。

代表的な症状としては、足のむくみ(浮腫)、重だるさ疲れこむら返り痛み皮膚炎潰瘍などがあげられます。以下に、くわしく説明しましょう。

むくみ

下肢静脈瘤ができると、足がむくみやすくなります。これは、足の静脈の血流が心臓に戻りにくくなることにより、毛細血管内の圧力が高くなり、血液中の水分が毛細血管からしみ出して、皮膚の下の脂肪組織にたまるためです。

むくみはリンパ液の流れが悪くなるために起こるとよくいわれますが、下肢静脈瘤によるむくみとリンパ液の流れは関係がありません。

むくみが起こるのは、主に午後から夜にかけてです。午前中に起こることは少なく、起こったとしても軽いものです。足のすねの骨の上を5~10秒間、手の指で強く押して、指を離してもへこんだまま戻らなければ、むくんでいる証拠です。夕方になると靴をきつく感じたり、靴下を脱ぐと跡がクッキリと残ったりします。

ただし、下肢静脈瘤によって起こるむくみは意外に少ないものです。私の印象としては、足のむくみを訴えて来院する患者さんの10~20%ほどでしょうか。ほとんどのむくみは生理的なむくみです。

下肢静脈瘤によるむくみは両足に起こることはほとんどなく、片方の足に起こるか、両足に起こったとしても左右差があります。

片方の足に明らかなボコボコとした血管のコブが浮き出ていて、その足だけがむくんでいれば下肢静脈瘤によるむくみと考えられます。片方の足だけにコブがあり、両足がむくんでいる場合は、下肢静脈瘤によるむくみではありません。

生理的なむくみの原因としては、加齢や体質もありますが、ほとんどが生活習慣に起因します。とくに、日中に立っている時間が長いと、足がむくみやすくなります。

生理的にむくんだ足

注意の必要なのが、内科的な病気によるむくみです。

甲状腺疾患(機能亢進症・機能低下症)、腎不全、心不全、肝硬変(肝臓の細胞が破壊されて肝臓全体が硬くなる病気)などでむくみの起こることがあります。若い女性なら、貧血によるむくみも考えられます。これらの場合、足だけでなく手や顔もむくみ、息切れや動悸を伴うこともあります。

こうした症状のある人は、早めに医療機関を受診してください。

また、薬の副作用でむくみの出ることもあります。非ステロイド性抗炎症薬、カルシウム拮抗剤、生薬(漢方薬の原材料)の甘草などを服用していないか、チェックしましょう。

ちなみに、こうしたむくみとは別に、リンパ浮腫というものもあります。リンパ浮腫は、自然に発生するものはほとんどなく、大部分はガンの手術のさいにリンパ節を切除することで起こります。乳ガンの場合は手に、子宮ガンの場合は足にむくみが起こります。

重だるさ・疲れ

足、とくにふくらはぎに疲れがたまり、重だるさを感じます。

むくみと同様に、午前中に起こることは少なく、多くは午後から夜にかけて起こります。両足に起こることはまれで、ほとんどが片方の足に起こる点もむくみと共通します。

下肢静脈瘤による足の重だるさ・疲れは、長時間立っていたり、座っていたりするときに起こります。歩いているときに起こる場合は、脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)が疑われます。

脊柱管狭窄症とは、脊柱(背骨)の内腔が狭くなって、その中を通る神経が圧迫される病気です。

歩いていると、徐々にふくらはぎが疲れて重だるくなり、最後は痛くて歩けなくなります。しばらく休んでいると痛みが引いて再び歩けるようになりますが、歩き出すと痛みがぶり返すことをくり返します。これを間歇性跛行(かんけつせいはこう)といいます。

脊柱管狭窄症による足の重だるさ・疲れの特徴は、前かがみになるとらくになることと、足の裏に砂利を踏んでいるような違和感を覚えることです。

一方、閉塞性動脈硬化症とは、足の血管の動脈硬化が進行し、血管が細くなったり、つまったりして、じゅうぶんな血流が保てなくなる病気です。

血流が悪くなることにより、歩行時に足の重だるさや疲れ、しびれ、痛み、冷たさを感じます。 さらに進行すると、安静時にも症状の現れることがあります。閉塞性動脈硬化症による足の重だるさや疲れも、ふくらはぎに出やすいのが特徴です。

脊柱管狭窄症が疑われる場合は整形外科、閉塞性動脈硬化症が疑われる場合は血管外科を受診しましょう。

こむら返り

下肢静脈瘤になると、足がつりやすくなります。こむら返りの「こむら」とは、ふくらはぎのことで、とくにふくらはぎの腓腹筋がつりやすくなるのですが、まれに足の指や太ももがつることもあります。突然、筋肉が硬く引きつって、激しい痛みを伴います。

明け方に起こることが多く、下肢静脈瘤の初期に起こるのが特徴です。そのため、下肢静脈瘤が進行して、医療機関を受診するころには、症状がなくなっていることがほとんどです。

日中に足の血液がうっ滞して老廃物がたまるのが原因と考えられますが、くわしいことはわかっていません。

こむら返りは、お年寄りや前述した脊柱管狭窄症の人にもよく起こります。下肢静脈瘤によるこむら返りは、下肢静脈瘤のある足だけに起こるので、両足に起こる人や、足にしびれのある人は、下肢静脈瘤以外の原因が考えられます。

痛み

足の痛みを訴えて来院される患者さんはたくさんいますが、診察してみると、下肢静脈瘤が原因であることはあまりありません。

下肢静脈瘤による足の痛みは、ピリピリ、チクチクするのが特徴で、それほど強い痛みではありません。長時間痛みが続くことはなく、足の重だるさ・疲れと同様に、長時間立ったり、座ったりしたときに起こります。足を動かしたときに痛みの出ることはありません。

足の痛みの原因で最も多いのは、変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)です。

変形性膝関節症は、加齢とともにひざの軟骨がすりへることで起こります。関節炎が起こって滑液がたまり、さらに進行すると軟骨の下の骨同士がこすれ合って、激しい痛みが生じます。正座ができなくなり、イスから立ち上がるときや、階段を下りるときなどに痛むのが特徴です。

ほかに、朝起きて最初の2~3歩で土踏まずが痛むのは、足底腱膜炎(そくていけんまくえん)(足底筋膜炎)の可能性が高いでしょう。これは、土踏まずを支える足底腱膜に炎症を起こして痛むものです。

歩いているときにふくらはぎが痛むのは、前述したとおり、脊柱管狭窄症や閉塞性動脈硬化症が考えられます。

ごくまれに、下肢静脈瘤が急に腫れて赤くなり、激しく痛むことがあります。この場合、静脈瘤の中に血液のかたまりである血栓(けっせん)ができ、炎症を起こす血栓性静脈炎が疑われます。

5~10日で炎症は自然におさまり、痛みは引きます。血栓がしこりとなって残りますが、半年から1年で吸収されて消えます。その間、血栓が肺に飛ぶようなことはありません

皮膚炎・潰瘍

下肢静脈瘤が進行して重症化すると、皮膚炎や潰瘍の現れることがあります。

下肢静脈瘤による皮膚炎は、足に血液がうっ滞することで起こるために、うっ滞性皮膚炎と呼ばれます。うっ滞性皮膚炎は、湿疹タイプ脂肪皮膚硬化症タイプに大きく分けられます。

湿疹タイプのうっ滞性皮膚炎は、皮膚表面の角化細胞が障害され、皮膚のバリア機能に支障をきたして起こります。皮膚の表面がザラザラして、かゆくなります。茶色く変色することもあります。ただし、後述する潰瘍になることはありません

湿疹(左)と色素沈着(右)を起こした足

脂肪皮膚硬化症タイプのうっ滞性皮膚炎は、足の静脈周辺の脂肪組織に炎症が起こり、硬くなるのが特徴です。炎症によって赤く腫れて痛み、炎症がおさまると茶褐色になります。これをくり返すと、皮下脂肪が硬くなり、足首が締めつけられるように細くなります。

脂肪皮膚硬化症タイプのうっ滞性皮膚炎が何年も経過すると、皮膚をかきこわしたり、皮膚のケガが治らなくなったりして、うっ滞性潰瘍となります。下肢静脈瘤が最も重症化した状態で、痛みを伴い、細菌感染を起こしたり、まれに出血したりします。こうなると日常生活にも影響し、入院が必要になることもあります。

脂肪皮膚硬化症(左)とうっ滞性潰瘍(右)を起こした足

ただし、下肢静脈瘤がここまで重症化することはめったにないので、あまり心配する必要はありません。当クリニックにおけるデータでも、下肢静脈瘤の患者さんのうち、皮膚炎まで進行した患者さんは約15%、潰瘍まで進行した患者さんは約2%にしかすぎません。

また、たとえ潰瘍を起こしても、糖尿病や閉塞性動脈硬化症による壊疽(えそ)(組織の一部が死んで黒変した状態)のように、足の切断になることもありません。

うっ滞性皮膚炎を伴った下肢静脈瘤は積極的な治療の対象となるので、専門医を受診することをおすすめします。

おすすめの本

なお、本稿は『下肢静脈瘤(血管の名医が教える最高の治し方)』(マキノ出版)から一部を抜粋・加筆して掲載しています。詳細は下記のリンクよりご覧ください。

関連記事
下肢静脈瘤の治療をめぐる悪徳医療機関によるトラブルは以前よりふえています。いちばんおすすめするのは、まず、かかりつけ医に相談することです。お世話になっているかかりつけ医に率直にきいてみてください。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2020-07-07 09:00:00 公開: 2020-07-07 09:00:00
現在、血管内治療で主流なのは、血管内焼灼術で、レーザー治療と高周波治療の2種類があります。また、グルー治療など熱を使わないで血管をふさぐNTNT治療は、下肢静脈瘤の治療を根本から変える画期的な治療と期待されています。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2020-07-06 09:00:00 公開: 2020-07-06 09:00:00
下肢静脈瘤に関する大きな誤解が、「下肢静脈瘤を放置すると血栓ができやすい」というものです。肺血栓塞栓症(エコノミークラス症候群)は普通の日常生活を送っている限り、引き起こされることはまずありません。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2020-07-05 09:00:00 公開: 2020-07-05 09:00:00
下肢静脈瘤は、どのような人に起こりやすいのでしょうか。さまざまな要因が考えられますが、立ち仕事をしている人は、下肢静脈瘤の患者さんのなかで圧倒的多数を占めます。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2020-07-04 09:00:00 公開: 2020-07-04 09:00:00
下肢静脈瘤で代表的なのが、大伏在静脈や小伏在静脈の逆流防止弁がこわれて起こる伏在型静脈瘤です。これ以外に側枝型静脈瘤、網目状静脈瘤、クモの巣状静脈瘤、陰部静脈瘤という軽症タイプの下肢静脈瘤もあります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2020-07-03 09:00:00 公開: 2020-07-03 09:00:00
病巣疾患という概念があります。私のケースでは、上咽頭の慢性炎症という病巣があり、それが自律神経の失調だけではなく、全身の筋力低下を引き起こしていました。声帯や耳管をとり巻く筋肉も弱り、それぞれの機能を低下させていたと考えられます。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-09 06:30:00 公開: 2020-10-09 06:30:00
耳管開放症を改善するための治療法の1つの柱となっているのが、EAT(上咽頭擦過治療)です。免疫器官としての上咽頭の慢性炎症に対してEATを行うと、自律神経失調の症状が消えるともに、耳管開放症の症状が改善するのです。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-08 06:30:00 公開: 2020-10-08 06:30:00
交感神経が優位な状態が続き、心身ともにヘロヘロになってしまった状態や、副腎疲労が極まった状態というのは、漢方の立場から考えると「虚証」ということになります。私のクリニックの耳管開放症治療の1つの柱となっているものが、漢方薬による治療です。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-07 06:30:00 公開: 2020-10-07 06:30:00
激しい運動によって体力を消耗することが、耳管開放症の発症のきっかけになることがあります。体重が何㎏も落ちてしまうような運動習慣はお勧めできません。すでに耳管開放症をお持ちの人も、激しい運動をすると症状が強く出やすい傾向があります。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-06 06:30:00 公開: 2020-10-06 06:30:00
耳管開放症の症状は体調と連動しています。ここでは症状の改善に役立つセルフケアと、日常生活のうえで注意したいポイントを紹介します。・鼻うがい・爪もみ・睡眠・鼻をすすらないこと、についてです。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-05 06:30:00 公開: 2020-10-05 06:30:00

話題のキーワード

local_offerめまい