MENU
「myhealth」は暮らしと健康に役立つ実用書を刊行する出版社、マイヘルス社が運営しています
めまいを予防する生活の要点は「ラジオ体操、水分摂取、快便、ストレス対策」

めまいを予防する生活の要点は「ラジオ体操、水分摂取、快便、ストレス対策」

めまいを改善、予防する上で、もっとも重要なのは、食生活や運動といった生活習慣の改善です。どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。【解説】坂田英明(埼玉医科大学客員教授・川越耳科学クリニック院長)

解説者のプロフィール

坂田英明(さかた・ひであき)
埼玉医科大学客員教授・川越耳科学クリニック院長。埼玉医科大学卒業後、帝京大学医学部附属病院耳鼻咽喉科助手を務める。ドイツ・マグデブルグ大学耳鼻咽喉科研究員、埼玉県立小児医療センター耳鼻咽喉科副部長、目白大学保健医療学部言語聴覚学科教授を経て、2016年より川越耳科学クリニック院長。『耳鳴りは1分でよくなる』(マキノ出版)など、著書多数。
▼川越耳科学クリニック
▼専門分野と研究論文

薬だけでめまいは治せない

めまいを改善、予防する上で、もっとも重要なのは、食生活や運動といった生活習慣の改善です。そして、2番目が自己節制、3、4がなくて5が薬です。

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません

ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。

そこで、今日から実践できるめまいの予防対策をご紹介します。


1. ラジオ体操や散歩

適度な運動は全身の血流を促し、めまいの改善、予防に有効です。

お勧めは、ラジオ体操と1日20~30分程度の散歩です。ラジオ体操は全身の筋肉をまんべんなく使うので、習慣にすると足腰が強くなり、よく動ける体になります。

午前中に運動を取り入れると、体調の改善に効果的です。散歩は速歩きを意識して行いましょう。心肺機能が高まり、全身の血流がよくなります。


2. 水分を十分に取る

頭部の血流が悪くなっていると、めまいが起こりやすくなります。水分をしっかり取り、血液の滞りを防ぎましょう。

コップ1杯の水を起床時、入浴前、就寝前に飲んでください。起き抜けに水を飲むと、便秘予防にもなります。

3. ふくらはぎのマッサージ

ふくらはぎをもむと、全身の血液循環がよくなり、脳の血流もスムーズになって、脳出血を予防する効果があります。

寝る1時間ほど前に、5~10分程度、左右のふくらはぎを、足首から心臓に向かってもみましょう。

4. 便通を整える

便秘はめまいの大敵です。便秘薬に頼らず、運動を積極的に行い、また食事内容を工夫して快便を心がけてください。


5. カフェイン飲料、酒、タバコを控える

コーヒーや緑茶、紅茶など、カフェインを多く含む飲み物を取り過ぎると、内耳が興奮しやすくなります。1日に1~2杯にとどめましょう。

過度の飲酒は、脳幹や小脳の働きを低下させます。めまいが治るまでは適量が原則です。喫煙は脳や内耳への酸素の供給量を減らし、めまいを確実に悪化させます。禁煙が不可欠です。


6. テレビの姿勢に注意

ひじ枕でうたた寝をしたり、その姿勢でテレビを見たりする人も多いでしょう。しかし、ひじ枕は頸椎(首の骨)に障害を与え、めまいを誘発する恐れがあります。

テレビを見るときは、イスに座るなど姿勢に注意してください。


7. ぬるめの湯で半身浴

熱い風呂や長風呂は、心臓に負担となります。

めまいの予防には、ぬるめのお湯で、肩まで浸からない半身浴がお勧めです。血流を促し、リラックス効果が得られます。

8. ストレスを避ける

めまいがある人は、ほぼ例外なく、なんらかのストレスを抱えています。

心と体にストレスがたまらないよう、睡眠をしっかり取り、休日はリラックスして過ごし、ガス抜きしましょう。


9. 移動中は座らない

電車やバスでは、座らないでなるべく立ちましょう。手軽にできる平衡訓練になります。

10. 治療薬は用法を守って服用

降圧剤を服用している人は朝、血液抗凝固剤を服用している人は就寝前に、忘れず服用しましょう。


11. 耳に負担をかけない

イヤホンやヘッドホンを長時間使ったり、携帯電話で長電話をしたりすると、内耳に負担がかかり、めまいや耳鳴り、難聴の原因になります。

音楽やゲームを楽しむさいは、耳に負担をかけないよう気をつけましょう。


12. 毛染めに注意

意外かもしれませんが、有機溶剤入りの毛染め液もめまいの原因になります。使用は、慎重になるべきです。

毛染め液に使われているアリニン色素の誘導体という物質は、皮膚からの吸収が高く、一度体内に吸収されると排泄されにくい性質があります。

体内にとどまったアリニン色素の誘導体は、平衡機能をつかさどる小脳に蓄積し、めまいや耳鳴り、難聴を引き起こす恐れがあります。

白髪が気になる人は、ヘナや海藻で作られた染毛剤を試してみるといいでしょう。自然派の染毛剤でも、アレルギーを起こすことがあるので、必ずパッチテストを行います。

すべてを一度に行おうと思わずに、気になる項目から、できる範囲で、実践してください

おすすめの本

めまい・メニエール病を自力で治す最強事典 (23人の医師、専門家が教える特効療法)

関連記事
めまいに悩まされ、「原因は不明です」などといわれた経験はありませんか。そうした皆さんは、めまい以外に、首や肩のコリ、頭痛などの症状があるケースが非常に多いのです。【解説】川村秋夫(川村歯科医院院長・日本顎関節症リハビリ研究室主宰)
更新: 2020-04-26 06:30:00 公開: 2020-04-26 06:30:00
「雨が降りそうになると、頭が痛くなりめまいがする」「台風が近づくと、耳鳴りが起こる」といった症状を抱えているかたはいませんか。あなたのその不調は、もしかしたら気圧の変化が影響しているのかもしれません。【解説】佐藤純(愛知医科大学医学部客員教授)
更新: 2020-04-25 06:30:00 公開: 2020-04-25 06:30:00
耳鳴り・めまい・難聴など、耳の不調は天候の変動によって生じることが少なくありません。ビタミンB12は、神経の働きを正常に保ち修復してくれる大切な栄養素。乱れた自律神経のバランスを整えてくれるのです。【解説】佐藤純(愛知医科大学医学部客員教授)
更新: 2020-04-24 06:30:00 公開: 2020-04-24 06:30:00
耳鳴りやめまい、難聴の患者さんに指導している「寝る前4原則」は、❶ふくらはぎマッサージをする、❷寝る3時間前に夕食を終える、❸コップ1杯の水を飲む、❹ぬるめのお湯で半身浴をする、です。【解説】坂田英明(埼玉医科大学客員教授・川越耳科学クリニック院長)
更新: 2020-04-23 06:30:00 公開: 2020-04-23 06:30:00
耳鳴り・めまい・難聴は「これだけやれば治る」という方法はありませんが、逆にいえば、さまざまなアプローチにより改善が可能ということ。食べ物で耳鳴り・めまい・難聴をよくするという手も、当然、あります。【監修】坂田英明(川越耳科学クリニック院長)
更新: 2020-04-21 06:30:00 公開: 2020-04-21 06:30:00
病巣疾患という概念があります。私のケースでは、上咽頭の慢性炎症という病巣があり、それが自律神経の失調だけではなく、全身の筋力低下を引き起こしていました。声帯や耳管をとり巻く筋肉も弱り、それぞれの機能を低下させていたと考えられます。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-09 06:30:00 公開: 2020-10-09 06:30:00
耳管開放症を改善するための治療法の1つの柱となっているのが、EAT(上咽頭擦過治療)です。免疫器官としての上咽頭の慢性炎症に対してEATを行うと、自律神経失調の症状が消えるともに、耳管開放症の症状が改善するのです。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-08 06:30:00 公開: 2020-10-08 06:30:00
交感神経が優位な状態が続き、心身ともにヘロヘロになってしまった状態や、副腎疲労が極まった状態というのは、漢方の立場から考えると「虚証」ということになります。私のクリニックの耳管開放症治療の1つの柱となっているものが、漢方薬による治療です。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-07 06:30:00 公開: 2020-10-07 06:30:00
激しい運動によって体力を消耗することが、耳管開放症の発症のきっかけになることがあります。体重が何㎏も落ちてしまうような運動習慣はお勧めできません。すでに耳管開放症をお持ちの人も、激しい運動をすると症状が強く出やすい傾向があります。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-06 06:30:00 公開: 2020-10-06 06:30:00
耳管開放症の症状は体調と連動しています。ここでは症状の改善に役立つセルフケアと、日常生活のうえで注意したいポイントを紹介します。・鼻うがい・爪もみ・睡眠・鼻をすすらないこと、についてです。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-05 06:30:00 公開: 2020-10-05 06:30:00

話題のキーワード

local_offerめまい