MENU
「myhealth」は暮らしと健康に役立つ実用書を刊行する出版社、マイヘルス社が運営しています
【めまいリハビリのやり方】さまざまなタイプのめまいに効果 平衡感覚を鍛え慢性ふらつきを改善

【めまいリハビリのやり方】さまざまなタイプのめまいに効果 平衡感覚を鍛え慢性ふらつきを改善

今回はめまいリハビリの具体的な方法を4種類紹介します。特に慢性ふらつきに有効なリハビリを選びましたが、平衡感覚を鍛えるリハビリですから、どのようなタイプのめまいにも、効果が期待できます。【解説】新井基洋(横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科部長)

解説者のプロフィール

新井基洋(あらい・もとひろ)
横浜市立みなと赤十字病院耳鼻咽喉科部長 。1964年、埼玉県生まれ。89年、北里大学医学部卒業。国立相模原病院、北里大学耳鼻咽喉科を経て現職。日本めまい平衡医学会専門会員、評議員。95年に「健常人OKAN(視運動性後眼振=めまい)の研究で医学博士号取得。北里方式をもとにオリジナルのメソッドを加えた「めまいリハビリ」を患者に指導し、高い成果を上げている。『めまいは自分で治せる』(マキノ出版)ほか、著書多数。
▼横浜市立みなと赤十字病院
▼専門分野と研究論文

人によくぶつかるのもめまいの一種

めまいリハビリは、目、耳、足の裏に有効な刺激を与え、小脳を鍛えてめまいをを改善していきます。

足腰の筋力も回復して、外出に自信をもてるようになるでしょう。基本的に、どんなタイプのめまいの人が行っても効果があります。

とりわけ、今回ご紹介するめまいリハビリを選ぶにあたって、私は一つのめまいを念頭に置きました。「慢性ふらつき」というタイプのめまいです。

実は、慢性ふらつきもめまいの一種なのです。その代表は、「加齢性平衡障害」という現代病で、60代後半から70代にかけての年代に多く見られます。

慢性ふらつきの症状には、次のような特徴があります。

なんとなく足もとがふらついて、人によくぶつかる
地面がフワフワして、まるでスポンジのように感じる


めまいというと、目がグルグル回るものと思っているかたが多いようです。

ですが、めまいは平衡機能(バランスを取る機能)の障害です。足もとがふらつく、人とぶつかりやすいというのも、耳鼻咽喉科的にはめまいの一種と診断します。こういった症状が気になる人は、ぜひともめまいリハビリを試してほしいと思います。

バランス感覚の衰えで起こるめまいがある

慢性ふらつきの症状が進むと、姿勢を変えたり方向を変えたりするたびにバランスをくずして、倒れてしまうほどふらつくこともあります。

日常生活に支障をきたして病院に行くのですが、頭のMRIを撮影しても異常はありません。そのため、「年のせいだから仕方ない」「気のせい」で片づけられてしまうケースが実に多いのです。

加齢性平衡障害は、加齢からくる全身の機能低下が原因の病気です。年齢を重ねるにつれ、目、耳、足の裏、小脳など平衡機能をつかさどるさまざまな器官が衰え、筋肉は低下し、骨はもろくなります。平衡機能と運動機能がともに低下することで、ふらつきやめまいが起こるようになります。

場合によっては四六時中ふらつくことがあるため、患者さんはベッドで過ごす時間が長くなります。

その結果、耳、目、足の裏への刺激が乏しくなり、さらに平衡機能は衰えます。体の筋力も低下し、寝たきりになるリスクが非常に高まります。

「私のめまいは絶対に 治る」と声に出す

次項から、めまいリハビリの具体的な方法を4種類紹介します。

特に慢性ふらつきに有効なリハビリを選びましたが、平衡感覚を鍛えるリハビリですから、どのようなタイプのめまいにも、効果が期待できます。

地震の揺れをくり返し経験することで起こる「地震後のめまい症候群」にも有効です。

いずれの場合であっても、4種類のめまいリハビリをひととおりやってください。以下に、めまいリハビリのコツや注意点をあげておきましょう。

①1日2回行う

めまいリハビリは、朝起きたときと、夕方から夜にかけての時間帯の1日2回、必ず行うようにしましょう。そのほかに、めまいを起こしやすい時間帯が自分でわかっていれば、その時間帯にも行ってください。

②声をしっかり出す

リハビリを行うときには、

「私のめまいを絶対に治す!」

「めまいに負けない!」

と大きな声で言いましょう。数を数えるときも、口に出して大きな声で数えてください。大きな声を出すことで、気分が上向きになり、めまいリハビリの効果が一層高まります。

③軽いぶり返しは心配ない

めまいリハビリを行っているとき、クラッ、フワッというめまいが出たり、むかつきや肩こりを感じたりすることがあります。また、リハビリの初期には、めまいやふらつき、むかつきが増悪する(悪化する)ことがあります。

これは、リハビリ期に避けて通れない筋肉痛のようなものです。乗り越えることでめまいを克服することができます。

ただし、激しいめまいや強い吐き気が起こったら、中止してください。心配なら主治医の診察を受けましょう。

④主治医の指示に従う

体の状態によっては、運動を控えなければならないケースもあります。

リハビリを始める前に「体を動かしてよい」という許可を主治医にもらってから、リハビリに励んでください。

リハビリの卒業生から送られた感謝の色紙

「めまいリハビリ」のやり方

眼球を左右に動かしたときに起こるめまいに効く
《ゆっくり横》
電光掲示板の流れる文字や、車窓からの風景を見るなど、眼球を左右に動かしたときに起こるめまいに有効です。立って行っても座って行っても構いません。

【ここがポイント!】
右手を動かす範囲は、「目線が外れないギリギリのところ」が目安。
頭は動かさずに、目だけをしっかり動かす。
右手はできるだけ広範囲に、ゆっくり動かす。

【回数】20回(10往復)

左手の人差し指をあごに当て、頭を動かさないようにする。右腕を肩の高さで前方に伸ばし、親指を上に立てる。

右手の親指を左右にゆっくりと動かし、それを目で追う。「いーち、にー、さーん」と声に出して数えながら、20回(10往復)行う。


顔を左右に動かしたときに起こるめまいに効く
《振り返る》
車の車庫入れや、人に呼ばれて振り返るときなど、顔を左右に動かしたときに起こるめまいに有効です。立って行っても座って行っても構いません。
首に痛みや障害のある人は、行わないでください。

【ここがポイント!】
手を動かさないように注意する。
親指の爪から視線を外さず、首だけをしっかり振る。

【回数】20回(10往復)

右腕を体の正面に伸ばし、親指を上に立てる。

目線を親指の爪に固定したまま、後ろを振り返るように、頭を左右に回す。「いーち、にー、さーん」と声に出して数えながら、20回(10往復)行う。


体のふらつきに効く
《足踏み》
まっすぐ歩けない、体が左右にぶれて人によくぶつかるなど、体のふらつきに有効です。

【ここがポイント!】
腕は必ず上げて行う。ケガなどで片方の腕が上がらないときは、上がるほうの腕を下ろして高さをそろえる。
足をできるだけ上げる。かかとを上げるだけでは効果がない。
慣れてきたら、目を閉じて行う。
目を閉じて足踏みをするときは、必ず家族などに付き添ってもらうこと。ふらつきが特に心配な人は、軽く手を取ってもらってもよい。

【回数】50回足踏み+目を閉じて50回足踏み

両手を肩の高さまで上げ、目を開けたまま、50回足踏みをする。「いち、に、さん」と声に出し、50まで数える。
①がスムーズにできるようになったら、今度は目を閉じて同様に50回足踏みをする。
※目を閉じて足踏みを終えたら、体の向きが左右いずれかに曲がっていないか確認する。90°以上曲がっていたら、平衡機能(バランス機能)の左右差が大きいと考えられる。そのような日は、遠出や車の運転を控える。


片足で立ったときのふらつきに効く
《片足立ち》
階段の上り下りなど、片足で立ったときのふらつきや、足元がフワフワするふらつきに有効です。

【ここがポイント!】
必ず、イスの背やテーブルに手をついて体を支えて行う。手をつかず、短時間で足を床につけてしまうと効果がない。
ふらついたら無理をせず、床に足をつく。
30数える間、らくに片方の足を上げられるようになったら、上げにくいほうの不得意な足を多めに練習する。めまいのリハビリはすべて、不得意なものの練習を多く行い、短所を伸ばすことが効果の秘訣。

【回数】30回片足立ち×両足

壁やテーブル、イスなどに手をつき、目を開けたまま、片方の足を床から10cmほど上げる。「いち、に、さん」と声に出し、30まで数える。
反対の足も同様に行う。

おすすめの本

めまいは自分で治せる (8000人の患者を治した「奇跡のメソッド」)

関連記事
めまいに悩まされ、「原因は不明です」などといわれた経験はありませんか。そうした皆さんは、めまい以外に、首や肩のコリ、頭痛などの症状があるケースが非常に多いのです。【解説】川村秋夫(川村歯科医院院長・日本顎関節症リハビリ研究室主宰)
更新: 2020-04-26 06:30:00 公開: 2020-04-26 06:30:00
「雨が降りそうになると、頭が痛くなりめまいがする」「台風が近づくと、耳鳴りが起こる」といった症状を抱えているかたはいませんか。あなたのその不調は、もしかしたら気圧の変化が影響しているのかもしれません。【解説】佐藤純(愛知医科大学医学部客員教授)
更新: 2020-04-25 06:30:00 公開: 2020-04-25 06:30:00
耳鳴り・めまい・難聴など、耳の不調は天候の変動によって生じることが少なくありません。ビタミンB12は、神経の働きを正常に保ち修復してくれる大切な栄養素。乱れた自律神経のバランスを整えてくれるのです。【解説】佐藤純(愛知医科大学医学部客員教授)
更新: 2020-04-24 06:30:00 公開: 2020-04-24 06:30:00
耳鳴りやめまい、難聴の患者さんに指導している「寝る前4原則」は、❶ふくらはぎマッサージをする、❷寝る3時間前に夕食を終える、❸コップ1杯の水を飲む、❹ぬるめのお湯で半身浴をする、です。【解説】坂田英明(埼玉医科大学客員教授・川越耳科学クリニック院長)
更新: 2020-04-23 06:30:00 公開: 2020-04-23 06:30:00
耳鳴り・めまい・難聴は「これだけやれば治る」という方法はありませんが、逆にいえば、さまざまなアプローチにより改善が可能ということ。食べ物で耳鳴り・めまい・難聴をよくするという手も、当然、あります。【監修】坂田英明(川越耳科学クリニック院長)
更新: 2020-04-21 06:30:00 公開: 2020-04-21 06:30:00
鼻づまりなどの鼻の症状を引き起こしている原因疾患を突き止め、それに対する適切な治療を行う必要があるのは、いうまでもありません。しかし、それに劣らず大切なのが、患者さんご自身が行うセルフケア(食事療法を含む)です。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-05 06:30:00 公開: 2020-09-05 06:30:00
加齢によって、鼻腔やのどの粘膜にも萎縮や機能低下が起こり、また、自律神経も乱れます。それらが引き金となり、水っぽい鼻水が流れ、鼻づまりも起こります。カゼのような悪寒や、セキ、くしゃみなどはありません。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-04 06:30:00 公開: 2020-09-04 06:30:00
上咽頭にはリンパ組織があり、たくさんの免疫細胞が待機しています。ここで侵入してきた病原体に応戦するのです。このため、もともと炎症の起こりやすい場所です。その炎症が慢性化した結果、慢性上咽頭炎となり、体に大きな悪影響を及ぼすようになります。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-03 06:30:00 公開: 2020-09-03 06:30:00
アレルギー性鼻炎とは、本来異物を体内に入れないための防御機構である、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが病的、かつ過剰に起こる病気です。症状を発する時期によって、「通年性」と 「季節性」に分けられます。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-02 06:30:00 公開: 2020-09-02 06:30:00
以前は「蓄膿症」と呼ばれていましたが、現代でも副鼻腔炎は悩んでいる人の多い疾患です。最も一般的な原因が、カゼなどや細菌感染によって鼻腔に炎症が起こり、それが副鼻腔に広がっていくもの。その炎症がいつまでも治まらず、慢性化する場合もあります。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-01 06:30:00 公開: 2020-09-01 06:30:00

話題のキーワード

local_offerめまい