MENU
「myhealth」は暮らしと健康に役立つ実用書を刊行する出版社、マイヘルス社が運営しています
【めまい・吐き気】病院は行くべき?何科を受診するの?(第4章)

【めまい・吐き気】病院は行くべき?何科を受診するの?(第4章)

「めまいが起こったら病院にすぐ行くべき?」「長期間の旅行は避けたほうがいいの? 」「持病の薬がめまいを招くことは?」などめまいについての情報を、〇×で解説します。正しく知っておきましょう。【解説】肥塚泉(聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科教授)

解説者のプロフィール

肥塚泉(こいづか・いずみ)
1981年、聖マリアンナ医科大学卒業後、大阪大学医学部耳鼻咽喉科、米国ピッツバーグ大学医学部耳鼻咽喉科、東大阪市立中央病院耳鼻咽喉科などを経て、95年、聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科講師。97年、助教授。2000年、教授。同大学の「めまい外来」を率いて、これまで5万人以上を診察し、問診と検査でめまいを解決してきた。診療のほか、めまい疾患に対するリハビリテーション法の考案や、宇宙酔いに関する研究にも力を入れている。1998年には、NASAとの共同研究によりスペースシャトル・コロンビア号上で、宇宙酔いに関する実験も行った。テレビや新聞などメディアでも活躍中。
▼聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科
▼専門分野と研究論文

めまいが起こったら病院にすぐ行く?

「目がグルグル回る」「吐き気がする」などの異変が起こったら、誰しも驚いて怖くなります。

まずは深呼吸して、気持ちを落ち着かせましょう。楽な姿勢で体を休めて症状が落ち着いたら、耳鼻咽喉科を受診してください。めまいとともに、難聴や耳鳴りの症状もある場合は、メニエール病(第2章参照)や突発性難聴(第2章参照)の可能性があります。すぐに耳鼻咽喉科を受診してください。

難聴の治療は早く始めるほど効果があり、1〜2週間以内に治療しないと予後が思わしくありません。いずれにせよ、難聴に気がついたら即刻、治療を開始することが重要です。

医療機関を受診する前に、いつ、どれくらいの時間、どのようなめまいが起こったかをメモなどに書きとめていくといいでしょう。医師に症状を具体的に伝えることができるので診断に役立ちます。

命にかかわるめまいもある?

めまいの多くは、耳の病気が原因で生じるものです。しかし、なかには脳の病気が原因で起こる危険なめまいもあります。

めまいの症状のほかに、「ろれつが回らない」「手足や顔面にしびれ・マヒがある」「ものが二重に見える」などの症状があれば、脳の病気が疑われます。これらの異常に気づいたら、脳神経外科や神経内科、内科を至急受診しましょう。

また、めまいが起こると、「脳腫瘍かもしれない」と心配する人が多く見られます。

しかし成人の場合、脳腫瘍はまれです。脳腫瘍の有無はMRI(核磁気共鳴画像)検査で、すぐに診断がつきます。「心配なのでMRIを撮ってください」と患者さんから希望されて検査を行いますが、私が今まで診たなかで脳腫瘍の人は、ほとんどいませんでした。

メニエール病には誤診も多い?

めまいを伴う病気のうち、メニエール病は知名度が高い病気です。しかし、めまい全体で見ると、メニエール病の割合は10%程度に過ぎません。圧倒的に多いのは、良性発作性頭位めまい症(第2章参照)です。

実をいうと、本当は良性発作性頭位めまい症であるにもかかわらず、メニエール病と診断されるケースが少なくありません。いったいなぜでしょうか?

それは、めまいの症状が初めて起こったときに、内科へ駆け込む人が多いからです。

メニエール病は、めまいと難聴・耳鳴りがほぼ同時に起こり、これをくり返す病気です。一方、良性発作性頭位めまい症では、めまいが主症状で、難聴・耳鳴りはないか、あってもめまい時にいっしょに増強することはありません。

耳鼻咽喉科では、耳の聞こえや耳鳴りについて問診を行うので、良性発作性頭位めまい症なのか、メニエール病なのかを、慎重に診断できます。

しかし、一部の内科では、耳の聞こえや耳鳴りについてはチェックせず、「脳に異常がないめまいは大半がメニエール病」ととらえる傾向があるようです。

これらの内科でのメニエール病の治療は、めまい止めによる薬物治療が中心です。聴力検査をして、適切な初期治療を行わないと難聴が進行しますので、前述のとおり、めまいが起こったら耳鼻咽喉科で確定診断を受けてください。

季節の変わり目に起こりやすい?

低気圧や台風が来たときに、めまいが起こりやすいという傾向は見られます。しかし、気象とめまいの関係について多くの学者が研究していますが、はっきりとしたことはわかっていません。

「お天気が悪いせいで、めまいがします」と訴える患者さんには、「大雨が降って喜ぶのはアマガエルだけですよ。お天気は気にしないようにしましょうね」とお話ししています。

また、5月の連休が明けた頃に必ず、めまいを起こす人もいます。入社、転勤、異動など、この時期は慣れない環境でのストレスがたまりやすいものです。いわゆる「五月病」で、めまいが起こるのです。 

それと似ているものに、「月曜病」があります。週明けに会社や学校に行くのが憂鬱で、そのストレスから症状が出ます。

めまいの発症とストレスは、深くかかわっている可能性が示唆されています。季節の変わり目、雨天の日、休日明けの月曜日などにめまいが出やすい人は、「ストレスのせいかもしれない」と〝気づく〟ことが大切です。

めまいの原因を自覚するだけでも、ストレスがやわらぎ、症状の改善につながります。

長期間の旅行は避けたほうがいい?

乗り物で長時間の移動をしたり、気圧が急激に変化したりすると、めまいを起こすことがあります。

だからといって、旅行をあきらめることはありません。事前に耳鼻咽喉科を受診して、医師に旅先での注意事項を聞き、薬を処方してもらいましょう。体の負担にならないように、余裕のある行程を組むことも大切です。

日帰り旅行の際も、酔い止めの薬を携帯することで、安心して遠出を楽しむことができるでしょう。

持病の薬がめまいを招く?

病気を治すために飲んでいる薬が、めまいを招くこともあります。薬が原因で起こるめまいを「薬剤性めまい」といいます。

薬剤性めまいが起こりやすいのは、高齢者です。高齢になると、肝臓や腎臓の機能が低下し、薬の成分の代謝が悪くなるため、若い頃に比べて、薬を多く飲んだような状態になりやすいからです。

また、高齢者は複数の薬を服用している人が多く、薬の相互作用でめまいが出やすくなるのです。

めまいを起こす薬はさまざまですが、特に多いのは降圧剤です。高齢者は降圧剤で血圧を下げすぎると、脳や内耳の血液循環が低下します。その結果、めまいが起こりやすくなるのです。

また、年齢を重ねると、寝つきが悪い、眠りが浅いなど睡眠に関する悩みが増えて、睡眠薬に頼りがちになります。しかし、ベンゾジアゼピン系・非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬は、めまいを起こすことがあります。

睡眠薬に加えて、抗うつ剤や精神安定剤も併用していれば、めまいやふらつきがさらに起こりやすくなります。

血圧の治療や安眠も大切ですが、めまいを防ぐことも大切です。心配な人は、薬の種類や量について主治医に相談しましょう。

子どものめまいが増えている?

10代の子どもに増えているのが、立ちくらみです。その多くは「起立性調節障害」が原因です。これは、起床時や急に立ち上がったりしたときなどに、立ちくらみが起こります。

血圧を調整している自律神経(意志とは無関係に内臓や血管を調整している神経)の働きがよくなかったり、足に移動した血液を脳のほうへ押し上げる力が不十分だったりして、脳の血液循環が悪くなることが要因です。

起立性調節障害の症状は、立ちくらみのほか、朝起きられない、立っていると気分が悪くなる、頭痛、全身の倦怠感、食欲不振などがあり、生活に支障をきたすこともあります。

朝、だるくて起きられないため、子どもは登校拒否や遅刻をしたり、体育の授業を嫌がったりするようになります。親御さんは、起立性調節障害について理解し、お子さんがなまけものでも仮病でもないことをわかってあげましょう。

私の外来にも、起立性調節障害の子どもたちがやってきます。そうした子たちは例外なく、マジメながんばり屋さんです。親の期待に応えるために、人の何倍も勉強に打ち込む受験生も多く見られます。

起立性調節障害には、血圧を上げる薬であるメトリジンが効きます。小児科で相談するといいでしょう。

なお、子どもの場合は成人と比べて、脳腫瘍の可能性が若干高くなります。めまいの症状が長引くようなら、脳の検査を受けることも大切です。

めまいと地震酔いは関係がある?

地震が収まった後も、まだ揺れている感覚がするのが地震酔いです。これはめまいとは関係がなく、めまいの病気があるからといって、地震酔いを起こしやすいということはありません。

地震酔いは、「下船病」または「後揺れ症候群」と呼ばれるものです。船から降りた後、静止状態に変わったにもかかわらず、自分の体が揺れ続けているように感じます。これは地震酔いの揺れ方とそっくりです。

すでに述べたとおり、脳には自分が直前に体験した「体がどのように傾き、どのように動いた」といった記録が残っています。通常、この記録は短時間でリセットされます。ところが、地震は体に与える刺激が強いため、脳の記録がなかなかリセットできずに、「揺れている」という感覚が続くのです。

地震酔いは、乗り物酔いしやすい人、特に女性に多く見られます。

しかし、車から降りると乗り物酔いが治まるように、地震酔いも数分から2日ほどで治まります。なにもしないでじっとしていると揺れの感覚が続くので、人とおしゃべりをしたり、好きな音楽を聴いたりして、気分転換をはかりましょう。

散歩やウオーキングなどで体を動かすことで、脳の記録はさらにリセットされやすくなります。

コラム4
家族がリハビリに消極的なとき
時折、患者さんのご家族から「本人がリハビリに消極的で困っている」と相談されることがあります。そうした場合、ご家族は本人に対して、「やる気がない」「なまけている」などと思いがちです。
しかし、患者さんがリハビリをやりたがらないときは、医師からきちんとリハビリの説明を受けていない可能性があります。「リハビリがなぜ効くのか」「なぜ必要なのか」といった理屈を専門家から説かれれば、患者さんも納得してリハビリを始めるようになるケースは少なくありません。
こうした傾向は、特に男性に顕著です。リハビリに消極的な人は、めまいの専門外来を受診して、しっかりとリハビリの目的や効果について説明を受けることをお勧めします。

なお、本稿は『めまいは寝転がり体操で治る (5万人を治した専門医が直伝!) 』(マキノ出版)から一部を抜粋・加筆して掲載しています。詳細は下記のリンクよりご覧ください。

▼めまいを自分で治すには、わずか1種類のリハビリを行うだけでOK!▼どこの病院へ行っても治らなかった人、薬が手放せなかった人、怖くて外出できなかった人、そんな5万人以上の症状を改善させた特効リハビリを4つ厳選して、本書でご紹介します。▼良性発作性頭位めまい症、メニエール病、突発性難聴に伴うめまい、前庭神経炎、などそれぞれの病気に対応するリハビリを1つ、朝と晩にふとんの上で行いましょう。▼本書は、めまいに悩む人でも活字が追いやすいように、文字を大きくし、イラストも多用しています。▼壁に貼って毎日の継続を後押しする「やり方ポスター付録」と「めまい改善ダイアリー」つき。▼自分の症状に合ったリハビリたった1つで、長年悩まされた症状が改善していくことでしょう。▼めまいは、もう怖くありません!

関連するキーワード
関連記事
めまいに悩まされ、「原因は不明です」などといわれた経験はありませんか。そうした皆さんは、めまい以外に、首や肩のコリ、頭痛などの症状があるケースが非常に多いのです。【解説】川村秋夫(川村歯科医院院長・日本顎関節症リハビリ研究室主宰)
更新: 2020-04-26 06:30:00 公開: 2020-04-26 06:30:00
「雨が降りそうになると、頭が痛くなりめまいがする」「台風が近づくと、耳鳴りが起こる」といった症状を抱えているかたはいませんか。あなたのその不調は、もしかしたら気圧の変化が影響しているのかもしれません。【解説】佐藤純(愛知医科大学医学部客員教授)
更新: 2020-04-25 06:30:00 公開: 2020-04-25 06:30:00
耳鳴り・めまい・難聴など、耳の不調は天候の変動によって生じることが少なくありません。ビタミンB12は、神経の働きを正常に保ち修復してくれる大切な栄養素。乱れた自律神経のバランスを整えてくれるのです。【解説】佐藤純(愛知医科大学医学部客員教授)
更新: 2020-04-24 06:30:00 公開: 2020-04-24 06:30:00
耳鳴りやめまい、難聴の患者さんに指導している「寝る前4原則」は、❶ふくらはぎマッサージをする、❷寝る3時間前に夕食を終える、❸コップ1杯の水を飲む、❹ぬるめのお湯で半身浴をする、です。【解説】坂田英明(埼玉医科大学客員教授・川越耳科学クリニック院長)
更新: 2020-04-23 06:30:00 公開: 2020-04-23 06:30:00
耳鳴り・めまい・難聴は「これだけやれば治る」という方法はありませんが、逆にいえば、さまざまなアプローチにより改善が可能ということ。食べ物で耳鳴り・めまい・難聴をよくするという手も、当然、あります。【監修】坂田英明(川越耳科学クリニック院長)
更新: 2020-04-21 06:30:00 公開: 2020-04-21 06:30:00
病巣疾患という概念があります。私のケースでは、上咽頭の慢性炎症という病巣があり、それが自律神経の失調だけではなく、全身の筋力低下を引き起こしていました。声帯や耳管をとり巻く筋肉も弱り、それぞれの機能を低下させていたと考えられます。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-09 06:30:00 公開: 2020-10-09 06:30:00
耳管開放症を改善するための治療法の1つの柱となっているのが、EAT(上咽頭擦過治療)です。免疫器官としての上咽頭の慢性炎症に対してEATを行うと、自律神経失調の症状が消えるともに、耳管開放症の症状が改善するのです。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-08 06:30:00 公開: 2020-10-08 06:30:00
交感神経が優位な状態が続き、心身ともにヘロヘロになってしまった状態や、副腎疲労が極まった状態というのは、漢方の立場から考えると「虚証」ということになります。私のクリニックの耳管開放症治療の1つの柱となっているものが、漢方薬による治療です。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-07 06:30:00 公開: 2020-10-07 06:30:00
激しい運動によって体力を消耗することが、耳管開放症の発症のきっかけになることがあります。体重が何㎏も落ちてしまうような運動習慣はお勧めできません。すでに耳管開放症をお持ちの人も、激しい運動をすると症状が強く出やすい傾向があります。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-06 06:30:00 公開: 2020-10-06 06:30:00
耳管開放症の症状は体調と連動しています。ここでは症状の改善に役立つセルフケアと、日常生活のうえで注意したいポイントを紹介します。・鼻うがい・爪もみ・睡眠・鼻をすすらないこと、についてです。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-05 06:30:00 公開: 2020-10-05 06:30:00

話題のキーワード

local_offerめまい