MENU
「myhealth」は暮らしと健康に役立つ実用書を刊行する出版社、マイヘルス社が運営しています
【めまいの原因】ぐるぐる回転「良性発作性頭位めまい症」はなぜ起こるか(第2章)

【めまいの原因】ぐるぐる回転「良性発作性頭位めまい症」はなぜ起こるか(第2章)

めまいを治すには、病気の特徴を理解することが大切です。それがわかると、リハビリテーション(平衡訓練)でめまいが改善するしくみもわかります。めまいを起こす主な病気は4つあります。【解説】肥塚泉(聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科教授)

解説者のプロフィール

肥塚泉(こいづか・いずみ)
1981年、聖マリアンナ医科大学卒業後、大阪大学医学部耳鼻咽喉科、米国ピッツバーグ大学医学部耳鼻咽喉科、東大阪市立中央病院耳鼻咽喉科などを経て、95年、聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科講師。97年、助教授。2000年、教授。同大学の「めまい外来」を率いて、これまで5万人以上を診察し、問診と検査でめまいを解決してきた。診療のほか、めまい疾患に対するリハビリテーション法の考案や、宇宙酔いに関する研究にも力を入れている。1998年には、NASAとの共同研究によりスペースシャトル・コロンビア号上で、宇宙酔いに関する実験も行った。テレビや新聞などメディアでも活躍中。
▼聖マリアンナ医科大学耳鼻咽喉科
▼専門分野と研究論文

めまいを引き起こす代表的な4つの病気

めまいを治すには、病気の特徴を理解することが大切です。それがわかると、リハビリテーション(平衡訓練)でめまいが改善するしくみもわかります。

めまいを起こす主な病気は4つあります。該当する項を読んだら、第3章に進んで、さっそくリハビリを始めましょう。

[良性発作性頭位めまい症]

基本のリハビリ→寝返り体操(第3章参照)

●頭の位置を変えるとめまいが起こる

耳が原因のめまいの中で最も多く、患者さんの約半数を占めます。

この病気は、寝返りを打ったとき、靴ひもを結ぶとき、洗濯物を干すときなど、頭を特定の位置に動かしたときに回転性めまいが起こります。目が回る感覚は強烈で、吐き気や嘔吐も伴います。症状が非常に激しいため、不安感や恐怖感を訴える患者さんも少なくありません。

通常、良性発作性頭位めまい症によるめまいは、30秒くらいで治まります。難聴や耳鳴りなど、聴覚の症状は伴いません

「良性」という名がつくように、自然に治癒する割合が多い病気です。ただし、再発することもあります。男女比では、女性が男性の4〜5倍という多さです。発症年齢は50〜60代以降の女性に多く起こります。


●耳石が三半規管に入るのが原因

良性発作性頭位めまい症は、内耳にある耳石器から耳石がはがれ、三半規管の中に入り込むことで発症します。

三半規管の内部はリンパ液で満たされています。しかし、耳石が三半規管に入ると、頭を動かしたときに耳石が動き、内部のリンパ液に流れが生じます。

頭の動きが止まった状態でも耳石が転がり続けると、三半規管内のリンパ液が流れ続け、脳には「頭が動いている」というエラー情報が送られます。

一方、目や手足の筋肉・関節からは「頭は止まっている」という情報が送られます。この情報のズレにより脳が混乱し、めまいが起こるのです。

中高年女性の患者数が多いのは、閉経後に女性ホルモン(卵胞ホルモン)の分泌が低下し、骨粗鬆症が発症しやすいことが一因と考えられています。

耳石の主成分は、骨と同じ炭酸カルシウムです。骨粗鬆症で骨がもろくなるように、耳石ももろくなってはがれやすくなり、三半規管に入るのです。

頭を強く打った場合も、衝撃で耳石がはがれて発症することがあります。また、運動不足も原因です。頭を動かさずにいると、耳石器からはがれた耳石がたまって、塊ができやすくなります。その塊が症状の引き金になるのです。

良性発作性頭位めまい症はなぜ起こるか

はがれ落ちた耳石が三半規管に入らなければ、あるいは入っても移動しなければ、めまいは起こらない

はがれ落ちた耳石が三半規管内を移動すると、リンパ液の流れが生じて、めまいが起こる。症状は30秒くらいで治まるが、くり返すのが特徴

●寝返り体操で耳石を排出できる

良性発作性頭位めまい症は、耳石を三半規管から取り除けば治ります。薬物療法はあくまでも、めまいや吐き気などを抑える対症療法にすぎません。

物理的に耳石を取り除く方法の1つに「エプレイ法」があります。1980年代にアメリカ人の開業医・エプレイ氏によって考案された治療法です。

エプレイ法は、めまいのときに生じる眼振を確認しながら、医師が患者さんの頭を動かすことで、三半規管に入った耳石を物理的に取り除きます。1回の治療で7割程度の患者さんのめまいが消失することが知られています。しかし、エプレイ法は患者さんが1人で行うことはできません。

そこで、良性発作性頭位めまい症の人にお勧めする基本のリハビリが、「寝返り体操」(第3章参照)です。この体操は、いわば「エプレイ法の家庭版」として、当院の耳鼻咽喉科で考案しました。

良性発作性頭位めまい症は、睡眠時に寝返りを打たない人がなりやすいことが知られていました。つまり、寝返りを打てば良性発作性頭位めまい症は治るのではないか、という発想から生まれた体操です。

患者さんが自分で頭を動かすことで、エプレイ法と同様、三半規管に入った耳石が元々あった耳石器のほうに移動したり、塊になった耳石を砕いたりする効果があると考えています。

続けることで、めまいが再発しづらくなり、予防効果も期待できます。

ここがポイント!
・良性発作性頭位めまい症は回転性めまいが特徴
・原因は三半規管に入り込んだ耳石
・「寝返り体操」で三半規管の耳石を排出・破砕できる

[メニエール病]

基本のリハビリ→ブラント‒ダロフ法(第3章参照)

●めまいに難聴・耳鳴りを伴う

耳の病気のなかでも知名度の高いのが、メニエール病です。

しかし、患者さんの数は、めまい全体の10%程度と多くはありません。働き盛りの人に起こりやすく、女性にやや多い傾向が見られます。

メニエール病によるめまいは、20分から半日ほど続きます。回転性めまいを何度もくり返し、その頻度は週に数回から年に数回と個人差があります。めまいに強い吐き気や、嘔吐を伴うケースが多く見られます。

また、難聴(特に低音が聞こえにくい)や耳鳴り、耳閉感(耳が詰まった感じ)など、聴覚の症状を伴うのが特徴です。めまいの発作をくり返すたびに、聴力が低下していくケースも少なくありません。

めまいに難聴や耳鳴り、耳閉感が伴う場合、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。


●主な原因はストレス

メニエール病の原因は、内耳全体の「水ぶくれ」です。

内耳にある三半規管や耳石器、音を感じ取る蝸牛は筒状になっており、内リンパ液で満たされています。内リンパ液がなんらかの原因で増え、筒の内部に内リンパ液がたまって“水ぶくれ状態”になると、三半規管や蝸牛の感覚細胞を圧迫するようになります。

三半規管や耳石器の感覚細胞が圧迫されるとめまいが生じ、蝸牛の感覚細胞が圧迫されると難聴や耳鳴り、耳閉感が起こります。
水ぶくれの原因は諸説ありますが、最も有力なのはストレス説です。

心身にストレスがかかると、ホルモンの分泌に影響して、体内に水分をため込む抗利尿ホルモンが分泌されます。内耳では、内リンパ液が増えて水ぶくれが起こり、メニエール病を発症すると考えられているのです。

このしくみは、野生のライオンを例にすると、わかりやすいかもしれません。2頭の雄ライオンが、臨戦態勢に入っているとしましょう。このような緊急事態では、オシッコをしている場合ではありません。そこで、ライオンの体はしっかりと闘えるように、抗利尿ホルモンを分泌して水分をため込むことで尿意を抑えます。実に、理にかなったしくみなのです。

しかし、このしくみが内耳に作用すると、メニエール病の引き金になります。メニエール病にかかる人は総じて、責任感が強く几帳面の傾向があります。

すると体は常に、ライオンの“戦闘モード”と同じ状態です。抗利尿ホルモンが働き、内耳が水ぶくれを起こします。そのため、規則正しい生活とともに、ストレスを発散することが肝心です。

メニエール病はなぜ起こるか

内リンパ液がたまって、内耳全体が水ぶくれのような状態になる。三半規管や耳石器の感覚細胞が圧迫されるとめまいが生じ、蝸牛の感覚細胞が圧迫されると難聴や耳鳴り、耳閉感が生じる。症状は20分から半日ほど続き、それをくり返すのが特徴。数年続くこともある

●小脳を活性化してめまいを改善

メニエール病には、内耳の血液循環を促す内耳循環改善薬や、内耳の水ぶくれを改善するために尿の排泄を促す利尿薬(浸透圧利尿薬)などを用います。

専門家のなかには、利尿薬は効果がないとする意見もあります。しかし、私の経験では、利尿薬を1〜2カ月使うことで水ぶくれが改善し、めまいが軽快に向かうケースが多く見られます。個人差はありますが、利尿薬は試す価値があると考えています。

メニエール病の人に、ストレスケアとともにお勧めしたい基本のリハビリが、「ブラント‒ダロフ法」です(第3章参照)。大きなめまい発作はなくなったものの、ふらつきや浮動感が続く人にお勧めです。

ブラント‒ダロフ法は、体を左右に倒します。動作が大きいので一時的にめまいを誘発しますが心配はいりません。このリハビリをくり返すことで、めまいという症状に慣れ、めまいが起こりにくくなります。

首や腰に痛みがあって、ブラント‒ダロフ法ができない人は、前述の「寝返り体操」(第3章参照)を基本のリハビリとして実践しましょう。

リハビリに慣れてきたら、「指はココ!体操」(第3章参照)を追加するのもお勧めです。

なお、リハビリを行うときや日常の活動時には、部屋を明るくしましょう。目からの情報をたくさん取り込むことで、前章で触れた小脳による「前庭代償」が進み、めまいの改善を促します。

ここがポイント!
・メニエール病は回転性めまい+難聴・耳鳴り・耳閉感が特徴
・内耳全体の水ぶくれが原因で、発症や悪化要因はストレス
・ブラント‒ダロフ法でめまいを改善・予防できる

[めまいを伴う突発性難聴]

基本のリハビリ→ブラント‒ダロフ法(第3章参照)

●突然起こる難聴とめまい

突発性難聴は、突然に片側の耳が聞こえなくなる病気です。グルグル回るめまいを伴う場合がありますが、めまいは長引かず、くり返しません

前述のメニエール病と間違われやすい病気ですが、めまいが治まった後で、難聴や強い耳鳴りが続く場合は、突発性難聴の可能性があります

難聴の程度は、耳が少し詰まった感じがする軽いものから、耳がまったく聞こえず日常生活に支障をきたす重症のものまで幅があります。

突発性難聴はあらゆる年齢で発症し、患者さんに男女差はありません。その原因はまだ明らかになっていませんが、内耳の血流障害説やウイルス感染説などが有力です。過労やストレスの影響もあると考えられています。

この病気の治療は「できるだけ早く始める」のが原則です。発症から遅くても1〜2週間以内に耳鼻咽喉科を受診してください。その時期を過ぎると、聴力が戻りにくくなるからです。

突発性難聴の治療は、1〜2週間の安静を保つとともに、ステロイド(副腎皮質ホルモン)剤や血管拡張薬、代謝改善薬、ビタミン剤などの薬物療法を行うのが一般的です。

めまいを伴う突発性難聴はなぜ起こるか

内耳全体の働きが障害されて起こる。原因は内耳の血流障害や、ウイルス感染ではないかと考えられている。症状はメニエール病と似ているが、めまいが少し治まっても、強い耳鳴りや難聴が続く場合は、めまいを伴う突発性難聴の可能性あり
治療をできるだけ早く行うのが原則。発症から遅くても1~2週間以内に受診を

●体調が落ち着いたらリハビリを実践

基本のリハビリは「ブラント‒ダロフ法」です(第3章参照)。体調が落ち着いたら、このリハビリをくり返し行うことで、めまいという症状に慣れ、めまいが起こりにくくなります。

ただし、難聴や耳鳴りについては、根本的な治療がないのが現状です。現在、世界各国で突発性難聴の解明について研究が進められています。

首や腰に痛みがあって、ブラント‒ダロフ法ができない人は、前述の「寝返り体操」(第3章参照)を基本のリハビリとして実践しましょう。リハビリに慣れてきたら、「指はココ!体操」(第3章参照)を追加するのもお勧めです。

なお、リハビリを行うときや日常の活動時には、部屋を明るくしましょう。目からの情報をたくさん取り込むことで、前章で触れた小脳による「前庭代償」が進み、めまいの改善を促します。

ここがポイント!
・めまいを伴う突発性難聴は回転性めまい+難聴・耳鳴りが特徴
・発症から1〜2週間以内に受診するのが重要
・急性期を過ぎたら「ブラント‒ダロフ法」を始める

[前庭神経炎]

基本のリハビリ→ブラント‒ダロフ法(第3章参照)

●めまいが治まった後にふらつきが残る

前庭神経炎は、脳につながる内耳の前庭神経に病変が生じて発症します。非常に強い回転性めまいが、数日間にわたって断続的に続くのが特徴で、「大地震が起こったよう」という患者さんもいます。

めまいがいったん治まると、それ以降は大きなめまいは起こりません。しかし、大きなめまいはないものの、体を動かしたとき、あるいは歩行時のふらつきが数カ月間続くことがあります。

難聴や耳鳴りなど聴覚のトラブルは伴わず、完治が期待できる病気です。

30〜50代を中心に発症します。男女差はありません。原因は今のところ不明ですが、風邪を引いた後に発症しやすいことから、ウイルス感染により前庭神経に炎症が起こるのではないかと考えられています。

前庭神経は、三半規管や耳石器からの情報を脳幹や小脳に伝えます。しかし、前庭神経が障害を受けると、情報が脳に正しく伝わらず、めまいが起こるのです。

前庭神経炎の治療には、抗めまい薬、神経への血流を促す内耳循環改善薬などを用います。炎症を抑えるステロイド(副腎皮質ホルモン)剤が用いられることもあります。

前庭神経炎はなぜ起こるか

内耳から脳にバランスの情報を伝える前庭神経が、風邪などのウイルス感染や内耳の血流障害によって、病変が生じることで起こると考えられている。体を動かしたとき、あるいは歩行時のふらつき感が数週から数カ月間、断続的に続くことがあるが、大きなめまい発作をくり返すことはない
難聴や耳鳴りなど聴覚のトラブルは伴わず、完治が期待できる病気

●リハビリを続けると完治に向かう

基本のリハビリは「ブラント‒ダロフ法」です(第3章参照)。体調が落ち着いたら、このリハビリをくり返し行うことで、めまい症状に慣れ、徐々にめまいが起こらなくなって完治に向かいます。ふらつきも消えます。

ブラント‒ダロフ法を行うと、目や上体を通じて体の動きや傾き、位置に関する情報が増えることで、小脳は平衡機能を修復しやすくなるのです。

首や腰に痛みがあって、ブラント‒ダロフ法ができない人は、前述の「寝返り体操」(第3章参照)を基本のリハビリとして実践しましょう。

リハビリに慣れてきたら、「指はココ!体操」(第3章参照)を追加するのもお勧めです。
なお、リハビリを行うときや日常の活動時には、部屋を明るくしましょう。目からの情報をたくさん取り込むことで、前章で触れた小脳による「前庭代償」が進み、めまいの改善を促します。

ここがポイント!
・前庭神経炎は回転性めまい+ふらつきが特徴
・めまいがなくなった後、ふらつきが長期に残ることがある
・ブラント‒ダロフ法でめまい・ふらつきが治る

コラム2
問診はなにより大切
日々の診断において、私は特に問診を重視しています。
めまいが起こった状況(朝目覚めたとき、頭を動かしたとき、寝返りを打ったときなど)、めまいの強さ、持続時間、めまいに伴う症状、持病の有無などを医師に伝えると、正しい診断に役立ちます。ご自身の症状のあらましをメモしてから、受診するといいでしょう。
めまいの発症には、原因となっている病気だけでなく、家庭環境や職場、学校、居住地、趣味、ストレス、持病、過去にかかった病気・ケガなどがかかわっています。患者さんからあらゆる情報を引き出すことが、よりよい治療に結びつきます。そこで私は診察にあたって、時間をかけて根掘り葉掘り、患者さんの暮らしぶりをうかがうようにしています。

なお、本稿は『めまいは寝転がり体操で治る (5万人を治した専門医が直伝!) 』(マキノ出版)から一部を抜粋・加筆して掲載しています。詳細は下記のリンクよりご覧ください。

▼めまいを自分で治すには、わずか1種類のリハビリを行うだけでOK!▼どこの病院へ行っても治らなかった人、薬が手放せなかった人、怖くて外出できなかった人、そんな5万人以上の症状を改善させた特効リハビリを4つ厳選して、本書でご紹介します。▼良性発作性頭位めまい症、メニエール病、突発性難聴に伴うめまい、前庭神経炎、などそれぞれの病気に対応するリハビリを1つ、朝と晩にふとんの上で行いましょう。▼本書は、めまいに悩む人でも活字が追いやすいように、文字を大きくし、イラストも多用しています。▼壁に貼って毎日の継続を後押しする「やり方ポスター付録」と「めまい改善ダイアリー」つき。▼自分の症状に合ったリハビリたった1つで、長年悩まされた症状が改善していくことでしょう。▼めまいは、もう怖くありません!

関連するキーワード
関連記事
めまいに悩まされ、「原因は不明です」などといわれた経験はありませんか。そうした皆さんは、めまい以外に、首や肩のコリ、頭痛などの症状があるケースが非常に多いのです。【解説】川村秋夫(川村歯科医院院長・日本顎関節症リハビリ研究室主宰)
更新: 2020-04-26 06:30:00 公開: 2020-04-26 06:30:00
「雨が降りそうになると、頭が痛くなりめまいがする」「台風が近づくと、耳鳴りが起こる」といった症状を抱えているかたはいませんか。あなたのその不調は、もしかしたら気圧の変化が影響しているのかもしれません。【解説】佐藤純(愛知医科大学医学部客員教授)
更新: 2020-04-25 06:30:00 公開: 2020-04-25 06:30:00
耳鳴り・めまい・難聴など、耳の不調は天候の変動によって生じることが少なくありません。ビタミンB12は、神経の働きを正常に保ち修復してくれる大切な栄養素。乱れた自律神経のバランスを整えてくれるのです。【解説】佐藤純(愛知医科大学医学部客員教授)
更新: 2020-04-24 06:30:00 公開: 2020-04-24 06:30:00
耳鳴りやめまい、難聴の患者さんに指導している「寝る前4原則」は、❶ふくらはぎマッサージをする、❷寝る3時間前に夕食を終える、❸コップ1杯の水を飲む、❹ぬるめのお湯で半身浴をする、です。【解説】坂田英明(埼玉医科大学客員教授・川越耳科学クリニック院長)
更新: 2020-04-23 06:30:00 公開: 2020-04-23 06:30:00
耳鳴り・めまい・難聴は「これだけやれば治る」という方法はありませんが、逆にいえば、さまざまなアプローチにより改善が可能ということ。食べ物で耳鳴り・めまい・難聴をよくするという手も、当然、あります。【監修】坂田英明(川越耳科学クリニック院長)
更新: 2020-04-21 06:30:00 公開: 2020-04-21 06:30:00
鼻づまりなどの鼻の症状を引き起こしている原因疾患を突き止め、それに対する適切な治療を行う必要があるのは、いうまでもありません。しかし、それに劣らず大切なのが、患者さんご自身が行うセルフケア(食事療法を含む)です。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-05 06:30:00 公開: 2020-09-05 06:30:00
加齢によって、鼻腔やのどの粘膜にも萎縮や機能低下が起こり、また、自律神経も乱れます。それらが引き金となり、水っぽい鼻水が流れ、鼻づまりも起こります。カゼのような悪寒や、セキ、くしゃみなどはありません。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-04 06:30:00 公開: 2020-09-04 06:30:00
上咽頭にはリンパ組織があり、たくさんの免疫細胞が待機しています。ここで侵入してきた病原体に応戦するのです。このため、もともと炎症の起こりやすい場所です。その炎症が慢性化した結果、慢性上咽頭炎となり、体に大きな悪影響を及ぼすようになります。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-03 06:30:00 公開: 2020-09-03 06:30:00
アレルギー性鼻炎とは、本来異物を体内に入れないための防御機構である、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが病的、かつ過剰に起こる病気です。症状を発する時期によって、「通年性」と 「季節性」に分けられます。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-02 06:30:00 公開: 2020-09-02 06:30:00
以前は「蓄膿症」と呼ばれていましたが、現代でも副鼻腔炎は悩んでいる人の多い疾患です。最も一般的な原因が、カゼなどや細菌感染によって鼻腔に炎症が起こり、それが副鼻腔に広がっていくもの。その炎症がいつまでも治まらず、慢性化する場合もあります。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-01 06:30:00 公開: 2020-09-01 06:30:00

話題のキーワード

local_offerめまい