MENU
「myhealth」は暮らしと健康に役立つ実用書を刊行する出版社、マイヘルス社が運営しています
【こむら返りの要因】末梢神経の異常や脱水、ミネラルバランスの乱れも

【こむら返りの要因】末梢神経の異常や脱水、ミネラルバランスの乱れも

こむら返りの原因としては、まず、ゴースト血管による体液の循環不良を挙げましたが、そのほかにも、末梢神経の異常や、ミネラルバランスの乱れ、脱水など、複数考えられます。また、病気によって頻発する場合があることも、知っておきましょう。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)

解説者のプロフィール

市橋研一(いちはし・けんいち)
市橋クリニック院長。日本整形外科学会専門医。医学博士。関西医科大学卒業後、神戸大学整形外科学教室に入局。その後、公文病院整形外科、適寿リハビリテーション病院診療部部長、市橋クリニック副院長を経て、2000年より現職。食事療法を軸とした独自の治療法で、整形外科疾患や生活習慣病の改善など、数多くの成果を上げている。また、自身が開発した「ひざ軟骨再生療法」は、治癒率が高く、変形性ひざ関節症やスポーツ外傷などに悩む人たちが通い続けている。
▼市橋クリニック(神戸市東灘区)http://daichikai.or.jp/ichihashi/

こむら返りを引き起こすそのほかの要因

筋紡錘・腱紡錘による誤作動(前記事参照)を起こす要因として私が問題視しているのは、ゴースト血管による体液の循環不良であると述べました。

そのほかにも、原因は複数考えられます。次のとおりです。

●末梢神経(脳や脊髄などから出て全身の器官・組織に分布する神経)の異常


筋肉は、片方が縮まれば、もう片方は緩むといったぐあいに、必ず相反する動きをする2つの筋肉によって成り立っています。これを拮抗筋(きっこうきん)といいます。

たとえば、ふくらはぎの場合、腓腹筋(ふくらはぎの筋肉)が縮むと前脛骨筋(脛にある筋肉)が緩み、前脛骨筋が縮むと腓腹筋が緩みます。

この拮抗する2つの筋肉は、通常ならどちらかが伸びるともう片方は縮み、どちらかが縮むともう片方は伸びる、という筋紡錘・腱紡錘の働きによって、バランスよく働きます。


■ふくらはぎの拮抗筋

腓腹筋が縮むと前脛骨筋が緩み、前脛骨筋が縮むと腓腹筋が緩むというように、必ず相反する動きをする。

ところが、末梢神経が障害されて、筋肉に異常な信号が送られると、筋紡錘・腱紡錘が誤作動を起こします。こうして、こむら返りが起こってしまうのです。

無理な体勢などによる筋肉負荷をはじめ、前記事で述べた悪しき生活習慣も、末梢神経の異常を促します。

●ミネラルバランスの乱れ


ミネラルバランスの乱れ(電解質異常)も、こむら返りの要因の1つです。

血液、リンパ液、細胞間液などの体液中には、マグネシウムカルシウムナトリウムカリウムといった電解質が存在します。

ミネラルは、筋肉の収縮や神経の伝達をスムーズにする働きがあります。そのバランスが乱れると、神経の伝達がうまくいかず、筋肉の縮み過ぎを防ぐ腱紡錘の働きが低下して、こむら返りが起こりやすくなります。

妊婦にこむら返りが起こりやすいのは、体重が増えて今まで以上にふくらはぎの筋肉に負担がかかることに加えて、カルシウムなどが母体から胎児に供給されることでミネラルバランスが乱れやすくなることも原因と考えられます。

ミネラルのなかでも、筋肉の収縮に特に重要なのがマグネシウムです。

なぜなら、カルシウムとカリウムを調整しているのも、マグネシウムだからです。マグネシウムは血液循環や筋肉の収縮に関与していて、マグネシウムが不足するとミネラルバランスが乱れ、腱紡錘の機能低下に大きく影響します。

なお、私が食養生(食事で健康を維持する考え方)を学んだ中国の先生は、「昼間にこむら返りを起こす人は、銅が足りない」とおっしゃっていました。その関係性は、医学的にまだはっきりとはわかっていません。

しかし、銅は赤血球のヘモグロビンをつくるために必要なミネラルです。不足すると心血管系や神経の異常を起こすこともあるため、こむら返りを引き起こす可能性は高いといえます。

これらのことから、こむら返りが頻繁に起こるときは、血液検査で血中のミネラルバランスを調べてみることも必要と考えます。

●脱水


脱水も、腱紡錘の機能低下を招く一因です。脱水とは、体内のNacl(塩化ナトリウム)という電解質の一種が不足した状態です。

たとえば、激しい運動をすると、発汗によって体内の水分が急速に失われ、カリウムが減少します。カリウムの急速な減少は、細胞のナトリウム濃度を一定に保つ「ナトリウム-カリウムポンプ」のバランスをくずして、こむら返りを招く原因になります。

また、激しい運動に限らず、軽いジョギングやウォーキング、就寝中の発汗などでも脱水が起こります

また、アルコールの分解にも水分が大量に使われるため、飲酒をしても脱水傾向になります。さらに、塩分のとり過ぎにより、ナトリウム‒カリウムポンプのバランスがくずれることもあるので、注意が必要です。

寝ている間にも汗をかくため、脱水を起こしやすい

●ホルモンの分泌異常


ホルモンの分泌異常も、こむら返りの原因の1つといわれています。

先述した食養生の先生によると、「昼間のこむら返りは銅イオンの不足」とする一方で、「夜に起こるこむら返りは、ホルモンの分泌異常が原因」とおっしゃっていました。これもはっきりとした関係性はわかりません。

ただ、筋肉に関係するホルモンは、確かにいろいろ存在します。夜間にそれらホルモンの分泌異常が起こり、筋紡錘・腱紡錘の誤作動を引き起こしていることも、十分考えられるでしょう。

●病気の罹患


病気によってこむら返りが頻発する場合があることも、知っておきましょう。

代表的なところでは、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの神経を圧迫する脊髄系の病気、また、外傷などで神経に傷害が起こった場合などに、こむら返りが起こることがあります。

また、筋萎縮性側索硬化症(ALS)をはじめとする神経・筋肉系の病気でも、筋肉の調節に異常が生じることで、こむら返りが起こります。こうした病気がある場合は、当然、その病気の治療が必要となります。

さらに、糖尿病、腎機能障害、肝機能障害、甲状腺機能低下症、副甲状腺機能低下症、下肢静脈瘤、閉塞性動脈硬化症、脳出血、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞、ガンなどの病気も、こむら返りと関連している可能性があります。

これらの病気の場合、こむら返りが起こりやすくなる一方で、こむら返りを前兆としてこれらの病気が起こってくるケースもあります。

■こむら返りを引き起こす主な病気

代謝系
・糖尿病
【筋肉がつる以外の症状】のどの渇き、疲労感、多尿・頻尿
・腎・肝機能障害
【筋肉がつる以外の症状】のどの渇き、疲労感、多尿・頻尿

脊髄系
・腰部脊柱管狭窄症
【筋肉がつる以外の症状】間欠跛行、腰痛、足腰のしびれ
・腰椎椎間板ヘルニア
【筋肉がつる以外の症状】腰痛、足腰のしびれ

血管系
・閉塞性動脈硬化症
【筋肉がつる以外の症状】間欠跛行
・一過性脳虚血発作
【筋肉がつる以外の症状】手足のしびれ、めまい、ろれつが回らない、物が二重に見えるなど
・脳梗塞
【筋肉がつる以外の症状】手足のしびれ、めまい、ろれつが回らない、物が二重に見えるなど
・狭心症
【筋肉がつる以外の症状】胸や背中の痛み、のどの痛み、左肩から腕にかけてのしびれ・痛みなど
・心筋梗塞
【筋肉がつる以外の症状】胸や背中の痛み、のどの痛み、左肩から腕にかけてのしびれ・痛みなど

甲状腺系
・甲状腺機能低下症
【筋肉がつる以外の症状】全身の倦怠感、食欲低下、皮膚の乾燥、顔のむくみ、脱毛など
・副甲状腺機能低下症
【筋肉がつる以外の症状】全身の倦怠感、食欲低下、皮膚の乾燥、顔のむくみ、脱毛など

神経・筋肉系
・運動ニューロン疾患(ALS など)
【筋肉がつる以外の症状】舌や手足の筋肉の細かい震え、手指の振顫(しんせん)など
・筋疾患(筋強直性ジストロフィーなど)
【筋肉がつる以外の症状】筋力低下や萎縮、認知症状、性格変化、白内障、脂質異常症など
・多発性神経症
【筋肉がつる以外の症状】手足のしびれ、歩行困難など

*参照元『 もう怖くない! 筋肉のつり こむら返り』(出沢 明・唯学書房)『こむら返り 自力克服大全』(わかさ出版)

なかでも私が問題視しているのは、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞などの血管系疾患と、ガンです。こむら返りが頻繁に起こる人は、こうした大病に発展するリスクが高いと考え、なるべく早い段階で予防できるよう、対応に努めています。

血流の悪化によって発症する血管系の病気やガンとこむら返りとの関連は、どちらも根底には、毛細血管のゴースト化があると推察します。

こむら返りを起こす人の毛細血管を見てみると、そのほとんどでゴースト血管が確認できるということは、すでにお話ししました。そして、脳梗塞やガンの人の血管を調べてみると、やはりほとんどの人の血管がゴースト化しています。

ガンの原因の1つは交感神経の持続的緊張といわれており、これもゴースト血管を招く原因と共通しています。実際、こむら返りを頻発する人が脳梗塞やガンになるケースを、私はこれまでにも数多く見てきました。

こむら返りが頻繁に起こるということは、血管がゴースト化しているということ

そして、ゴースト血管があるということは、脳出血、脳梗塞、心筋梗塞、ガンなどの重大な病気に発展するおそれがある、ということです。

こむら返りは、体からの重要なサイン。放置せず、きちんと検査をして、必要であれば治療を受けたり、血液循環を改善させる生活習慣を心がけたりすることが賢明です。

なお、病気を治療するために処方された薬の副作用で、こむら返りが起こることもあります。しかし、自己判断で薬を勝手にやめるのは危険です。こむら返りが頻繁に起こり、薬の副作用が疑われる場合は、その旨を主治医に伝えて相談してください

おすすめの本

なお、本稿は『こむら返りは食事で治せる!』(マキノ出版)から一部を抜粋・加筆して掲載しています。詳細は下記のリンクよりご覧ください。

関連記事
こむら返り、血管のゴースト化を防ぐうえで、食生活で注意したい点には、砂糖・小麦・カフェインをとり過ぎないこと、和食を基本食にして腸内環境を整えること、マグネシウム、銅を多く含む食品をとること、などが挙げられます。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-06 10:16:00 公開: 2021-01-06 10:16:00
一度ゴースト化した血管が元に戻らなかったとしても、新しい血管は次々と生まれていきます。ですから、血管を元気にして血流をよくする努力をしてください。それは、こむら返り予防だけでなく、大きな病気に発展させないためにも重要なことです。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-05 10:16:00 公開: 2021-01-05 10:16:00
こむら返りを起こしやすい人が特に気をつけたい、交感神経の優位が続く生活習慣は、ストレス過多、睡眠不足、過重労働、深夜の食事、お酒の飲み過ぎなどです。他に、眼精疲労、冷え、激しいスポーツなどもこむら返りの原因となります。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-03 10:16:00 公開: 2021-01-03 10:16:00
現在、こむら返りの実態はまだ完全には解明されていません。私が要因の1つとして着目しているのは「毛細血管を中心とした血液循環」です。毛細血管の「ゴースト血管」化による体液の循環不良がこむら返りを引き起こすととらえています。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-02 10:16:00 公開: 2021-01-02 10:16:00
とにかく痛いこむら返り。医学的には「有痛性筋攣縮」とされています。全身のさまざまな部位で起こる筋肉の持続的な収縮も、こむら返りと呼びます。まずはこむら返りが起こったときに行うべき、緊急対処法をお教えしましょう。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-01 10:16:00 公開: 2021-01-01 10:16:00
最新記事
こむら返りを起こさないために、日ごろから心がけておきたい生活習慣として、まずは「冷え」、特に首・手首・足首といった「首」とつく箇所を冷やさないように注意することです。さらに、寝ているときにつま先が下がらないようにしてみましょう。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-07 10:16:00 公開: 2021-01-07 10:16:00
こむら返り、血管のゴースト化を防ぐうえで、食生活で注意したい点には、砂糖・小麦・カフェインをとり過ぎないこと、和食を基本食にして腸内環境を整えること、マグネシウム、銅を多く含む食品をとること、などが挙げられます。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-06 10:16:00 公開: 2021-01-06 10:16:00
一度ゴースト化した血管が元に戻らなかったとしても、新しい血管は次々と生まれていきます。ですから、血管を元気にして血流をよくする努力をしてください。それは、こむら返り予防だけでなく、大きな病気に発展させないためにも重要なことです。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-05 10:16:00 公開: 2021-01-05 10:16:00
こむら返りの原因としては、まず、ゴースト血管による体液の循環不良を挙げましたが、そのほかにも、末梢神経の異常や、ミネラルバランスの乱れ、脱水など、複数考えられます。また、病気によって頻発する場合があることも、知っておきましょう。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-04 10:16:00 公開: 2021-01-04 10:16:00
こむら返りを起こしやすい人が特に気をつけたい、交感神経の優位が続く生活習慣は、ストレス過多、睡眠不足、過重労働、深夜の食事、お酒の飲み過ぎなどです。他に、眼精疲労、冷え、激しいスポーツなどもこむら返りの原因となります。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-03 10:16:00 公開: 2021-01-03 10:16:00

話題のキーワード

local_offerめまい
get_app
ダウンロードする
キャンセル