MENU
「myhealth」は暮らしと健康に役立つ実用書を刊行する出版社、マイヘルス社が運営しています
【こむら返りを引き起こす生活習慣】心身の疲労や冷え、深夜の食事に注意

【こむら返りを引き起こす生活習慣】心身の疲労や冷え、深夜の食事に注意

こむら返りを起こしやすい人が特に気をつけたい、交感神経の優位が続く生活習慣は、ストレス過多、睡眠不足、過重労働、深夜の食事、お酒の飲み過ぎなどです。他に、眼精疲労、冷え、激しいスポーツなどもこむら返りの原因となります。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)

解説者のプロフィール

市橋研一(いちはし・けんいち)
市橋クリニック院長。日本整形外科学会専門医。医学博士。関西医科大学卒業後、神戸大学整形外科学教室に入局。その後、公文病院整形外科、適寿リハビリテーション病院診療部部長、市橋クリニック副院長を経て、2000年より現職。食事療法を軸とした独自の治療法で、整形外科疾患や生活習慣病の改善など、数多くの成果を上げている。また、自身が開発した「ひざ軟骨再生療法」は、治癒率が高く、変形性ひざ関節症やスポーツ外傷などに悩む人たちが通い続けている。
▼市橋クリニック(神戸市東灘区)http://daichikai.or.jp/ichihashi/

こむら返りを引き起こす生活習慣とは?

こむら返りを起こしやすい人が特に気をつけたい交感神経の優位が続く生活習慣は、次のとおりです。

●ストレス過多、睡眠不足、過重労働


交感神経は活動時に働く神経なので、ストレス過多、睡眠不足、過重労働が交感神経を持続的に緊張させることは、容易に理解できるでしょう。

特に、忙しい現代人は、睡眠不足など、ストレスがたまりやすい環境下で生活しているため、交感神経が優位な状態が続き、毛細血管のゴースト化が促されます。

●砂糖・小麦・カフェインのとり過ぎ


食べ物では、特に砂糖・小麦・カフェインが、交感神経の緊張物質になります。

砂糖と小麦は、食べると血糖値が急激に上がります。血糖値が上がると、すい臓からインスリンというホルモンが出て血糖値を下げます。すると、今度は血糖値を上げるアドレナリンというホルモンが分泌されます。アドレナリンは、交感神経を緊張させる作用を持っています。

また、カフェインを多く含む食品にも要注意です。たとえば、コーヒーを飲むと目が覚めて頭がクリアになります。これは、脳に血液が集中するためです。

脳に血液を集めるには、全身の末梢の血流を減らす必要があります。そのために、カフェインが交感神経を緊張させて、毛細血管への血流を少なくしているのです。

●深夜の食事、お酒の飲み過ぎ


深夜の食事やお酒の飲み過ぎは、前記事で述べた肝臓のエネルギー代謝にかかわります。

筋肉の疲労物質を回収し、グリコーゲンに変換して筋肉に戻すという肝臓の働きが機能し始めるのは、深夜0時ごろからです。特に、午前2時〜2時半の時間帯は、肝臓がもっとも旺盛に活動するため、1日分の老廃物を解毒するのに十分な血液量の供給を必要とします。

このとき、胃に食物が残留していると、小腸の消化活動に加えて、胃に多くの血液が必要となり、肝臓への血液量が不足してしまいます。それがお酒になると、さらにアルコールも分解しなければならないので、ますます肝臓への負担がかかります。

その結果、筋肉内の疲労物質を十分に解毒できなくなり、筋肉が慢性疲労の状態となって、こむら返りが起こりやすくなるのです。

●喫煙


タバコを吸うと、交感神経系が緊張します。血管は収縮し、血圧も上昇します。これらは、タバコに含まれるニコチンの働きによるものです。当然、毛細血管に大きなダメージを与えます。

ですから、喫煙は「百害あって一利なし」。こむら返りはもとより、万病の引き金となるので、喫煙者は減煙、できれば禁煙を心がけましょう。

目の疲れもこむら返りの原因!?

●眼精疲労


パソコンやスマートフォンの酷使による眼精疲労も、交感神経を緊張させます。

交感神経が持続的に緊張し、体液の循環が悪くなって肝臓での代謝が正常に行われなくなると、こむら返りが起こりやすくなるだけでなく、目の疲れも改善されにくくなるといった悪循環が起こります。

●冷え


冷えはカフェインと同様、毛細血管への血流を減らし、交感神経を緊張させます。そうすることで、体温が下がらないようにしているのです。

当然、毛細血管への血流が少ない状態が続けば、血管のゴースト化が進み、こむら返りが起こりやすくなります。

●激しいスポーツ


激しいスポーツによってこむら返りが起こりやすいのは、筋肉に疲労物質が増えるためです。同時に、運動中は交感神経が緊張状態にあるため、毛細血管に血液が流れにくくなっている点も挙げられます。

微小循環が悪化すると、全身の血液・リンパ液の流れも悪くなります。すると、運動によって疲労物質はどんどん増えるのに、それが回収されずに筋肉にたまってしまいます。その結果、こむら返りが起こりやすくなるのです。


なお、私はこれまでたくさんの患者さんを診てきましたが、体がやわらかい人よりもかたい人のほうが、こむら返りが起こりやすい印象を持っています。これも恐らく、自律神経が関係しているのではないでしょうか。

体がやわらかいということは、緊張が緩んでいるということです。このような人は、交感神経の緊張と緩和が適度に行われているため、自律神経のバランスが取れているのだと推測します。


■ストレス過多、深酒、目の疲れなどもこむら返りの原因

おすすめの本

なお、本稿は『こむら返りは食事で治せる!』(マキノ出版)から一部を抜粋・加筆して掲載しています。詳細は下記のリンクよりご覧ください。

関連記事
こむら返り、血管のゴースト化を防ぐうえで、食生活で注意したい点には、砂糖・小麦・カフェインをとり過ぎないこと、和食を基本食にして腸内環境を整えること、マグネシウム、銅を多く含む食品をとること、などが挙げられます。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-06 10:16:00 公開: 2021-01-06 10:16:00
一度ゴースト化した血管が元に戻らなかったとしても、新しい血管は次々と生まれていきます。ですから、血管を元気にして血流をよくする努力をしてください。それは、こむら返り予防だけでなく、大きな病気に発展させないためにも重要なことです。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-05 10:16:00 公開: 2021-01-05 10:16:00
こむら返りの原因としては、まず、ゴースト血管による体液の循環不良を挙げましたが、そのほかにも、末梢神経の異常や、ミネラルバランスの乱れ、脱水など、複数考えられます。また、病気によって頻発する場合があることも、知っておきましょう。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-04 10:16:00 公開: 2021-01-04 10:16:00
現在、こむら返りの実態はまだ完全には解明されていません。私が要因の1つとして着目しているのは「毛細血管を中心とした血液循環」です。毛細血管の「ゴースト血管」化による体液の循環不良がこむら返りを引き起こすととらえています。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-02 10:16:00 公開: 2021-01-02 10:16:00
とにかく痛いこむら返り。医学的には「有痛性筋攣縮」とされています。全身のさまざまな部位で起こる筋肉の持続的な収縮も、こむら返りと呼びます。まずはこむら返りが起こったときに行うべき、緊急対処法をお教えしましょう。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-01 10:16:00 公開: 2021-01-01 10:16:00
最新記事
こむら返りを起こさないために、日ごろから心がけておきたい生活習慣として、まずは「冷え」、特に首・手首・足首といった「首」とつく箇所を冷やさないように注意することです。さらに、寝ているときにつま先が下がらないようにしてみましょう。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-07 10:16:00 公開: 2021-01-07 10:16:00
こむら返り、血管のゴースト化を防ぐうえで、食生活で注意したい点には、砂糖・小麦・カフェインをとり過ぎないこと、和食を基本食にして腸内環境を整えること、マグネシウム、銅を多く含む食品をとること、などが挙げられます。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-06 10:16:00 公開: 2021-01-06 10:16:00
一度ゴースト化した血管が元に戻らなかったとしても、新しい血管は次々と生まれていきます。ですから、血管を元気にして血流をよくする努力をしてください。それは、こむら返り予防だけでなく、大きな病気に発展させないためにも重要なことです。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-05 10:16:00 公開: 2021-01-05 10:16:00
こむら返りの原因としては、まず、ゴースト血管による体液の循環不良を挙げましたが、そのほかにも、末梢神経の異常や、ミネラルバランスの乱れ、脱水など、複数考えられます。また、病気によって頻発する場合があることも、知っておきましょう。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-04 10:16:00 公開: 2021-01-04 10:16:00
こむら返りを起こしやすい人が特に気をつけたい、交感神経の優位が続く生活習慣は、ストレス過多、睡眠不足、過重労働、深夜の食事、お酒の飲み過ぎなどです。他に、眼精疲労、冷え、激しいスポーツなどもこむら返りの原因となります。【解説】市橋研一(市橋クリニック院長)
更新: 2021-01-03 10:16:00 公開: 2021-01-03 10:16:00

話題のキーワード

local_offerめまい
get_app
ダウンロードする
キャンセル