MENU
「myhealth」は暮らしと健康に役立つ実用書を刊行する出版社、マイヘルス社が運営しています

最新記事

激しい運動によって体力を消耗することが、耳管開放症の発症のきっかけになることがあります。体重が何㎏も落ちてしまうような運動習慣はお勧めできません。すでに耳管開放症をお持ちの人も、激しい運動をすると症状が強く出やすい傾向があります。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-06 06:30:00 公開: 2020-10-06 06:30:00
耳管開放症の症状は体調と連動しています。ここでは症状の改善に役立つセルフケアと、日常生活のうえで注意したいポイントを紹介します。・鼻うがい・爪もみ・睡眠・鼻をすすらないこと、についてです。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-05 06:30:00 公開: 2020-10-05 06:30:00
耳管開放症を引き起こす要因はいろいろなものがあると考えられます。ダイエット、過労、睡眠不足、中耳炎、妊娠、ピルの服用、薬の副作用……。そのなかで2つのポイントがあります。①女性ホルモンの影響、②広い意味でのストレス、です。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-04 06:30:00 公開: 2020-10-04 06:30:00
耳管開放症に対して行われる治療法はいろいろあります。一般的に耳鼻咽喉科で行われている治療の代表的なもの、ルゴール塗布、生理食塩水点鼻、鼓膜パッチ療法、耳管ピンについて、また耳管狭窄症との違いについてお話しします。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-03 06:30:00 公開: 2020-10-03 06:30:00
耳管開放症の主な症状は耳閉感・自声強調の2つ。本人はすごく苦しいのに、他人にわかってもらえないのもこの病気のやっかいなところです。副次的な症状として、耳鳴りやめまい、難聴といった症状をしばしば併発します。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-02 06:30:00 公開: 2020-10-02 06:30:00
耳管開放症は珍しい病気ではありません。耳管が、なんらかの事情で開きっぱなしになってしまう病気とされています。「耳がずっとつまっている」「妙に音が響く」と感じていても、病気だと自覚していない人は多いはずです。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-10-01 06:30:00 公開: 2020-10-01 06:30:00
鼻づまりなどの鼻の症状を引き起こしている原因疾患を突き止め、それに対する適切な治療を行う必要があるのは、いうまでもありません。しかし、それに劣らず大切なのが、患者さんご自身が行うセルフケア(食事療法を含む)です。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-05 06:30:00 公開: 2020-09-05 06:30:00
加齢によって、鼻腔やのどの粘膜にも萎縮や機能低下が起こり、また、自律神経も乱れます。それらが引き金となり、水っぽい鼻水が流れ、鼻づまりも起こります。カゼのような悪寒や、セキ、くしゃみなどはありません。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-04 06:30:00 公開: 2020-09-04 06:30:00
上咽頭にはリンパ組織があり、たくさんの免疫細胞が待機しています。ここで侵入してきた病原体に応戦するのです。このため、もともと炎症の起こりやすい場所です。その炎症が慢性化した結果、慢性上咽頭炎となり、体に大きな悪影響を及ぼすようになります。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-03 06:30:00 公開: 2020-09-03 06:30:00
アレルギー性鼻炎とは、本来異物を体内に入れないための防御機構である、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが病的、かつ過剰に起こる病気です。症状を発する時期によって、「通年性」と 「季節性」に分けられます。【解説】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)
更新: 2020-09-02 06:30:00 公開: 2020-09-02 06:30:00

話題のキーワード

local_offerめまい